ボーア家の人物と説明 クリスチャン・ボーア「ボーア効果を発見した医学者」ニールス・ボーア「量子力学へ貢献」オーゲ・ボーア「ニールス・ボーアの息子」「1975ノーベル物理学賞・核物理学分野」

244uAHyuflepa
次のボーア家出身の
科学者と、その説明の
正しい組み合わせを選びなさい
ニールス・ボーア───異称は「量子力学の父」
クリスチャン・ボーア───医学者でボーア効果を発見
オーゲ・ボーア───1975年ノーベル物理学賞

ニールス・ヘンリク・ダヴィド・ボーア(デンマーク語: Niels Henrik David Bohr[1]、1885年10月7日 – 1962年11月18日)は、デンマークの理論物理学者[2]。量子論の育ての親として、前期量子論の展開を指導、量子力学の確立に大いに貢献した。
>1997年に107番元素がボーアの名にちなみ「ボーリウム」と命名された。
引用元: ニールス・ボーア – Wikipedia.

オーゲ・ニールス・ボーア(アーゲ・ニールス・ボーア、Aage Niels Bohr、1922年6月19日-2009年9月8日)はデンマークの物理学者。物理学者ニールス・ボーアの四番目の息子として生まれ、父および父と親交を持っていた物理学者たちに囲まれて育ち、彼自身も物理学の道に進んだ。1975年ノーベル物理学賞を受賞。
>1975年に核物理学分野で挙げた業績が評価され、ノーベル物理学賞を授与された。1985年11月、北京大学より名誉博士号が授与されている。

Christian Harald Lauritz Peter Emil Bohr (1855–1911) was a Danish physician, father of the physicist and Nobel laureate Niels Bohr, as well as the mathematician Harald Bohr and grandfather of another physicist and nobel laureate Aage Bohr. He married Ellen Adler in 1881.
引用元: Christian Bohr – Wikipedia, the free encyclopedia.

ボーア効果(ボーアこうか、英:Bohr effect)とは血液内の二酸化炭素量の変化による赤血球内のpHの変化によりヘモグロビンの酸素解離曲線が移動すること。生理学者クリスティアン・ボーア(ニールス・ボーアの父)により発見された。ヘモグロビンの酸素解離曲線がpHの低下や温度上昇などの変化によって右方変移することで末梢で酸素を解離しやすくなり、pHの上昇や温度低下などで左方変異することで結合しやすくなる効果である[1]。
引用元: ボーア効果 – Wikipedia.