ヘミアミナール


ヒドロキシル基が結合している
炭素にアミノ基も結合している
アルコールの事を何という?
ーミヘミナルア
ヘミアミナール(答)
31%
hemiaminal

ヘミアミナール (hemiaminal) とは、有機化合物のアルコールのうち、ヒドロキシ基が結合している炭素上にアミノ基も存在している化合物群のこと。α-アミノアルコール。カルビノールアミンとも。アルデヒドあるいはケトンに、アミンを脱水縮合させてイミンを得る反応などにおいて反応中間体として生成する。

引用元:ヘミアミナール – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%9F%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%AB

有機化合物を用いた反応には、原料から生成物に至るまで多くの中間体が存在します。それらを確認することは、反応のメカニズムを考え、反応を最適化する、そこからまた新しい反応を発見するため非常に重要です。しかし、その反応中間体は現在の技術では確認できないものが多くあり、それらを確認するために多くの研究がなされています。たとえば、第一級アミンとアルデヒドを反応させると、ヘミアミナール中間体(RNH2CH(OH)R’)を通り、イミンができるわけですが(図1参照)、このヘミアミナール中間体特別な場合を除いて、確認することはできません。それは、原料とヘミアミナール中間体、ヘミアミナール中間体と生成物の間に平衡が存在し、それぞれ原料と、生成物に平衡が偏っているため、確認できないのです。

引用元:不安定な合成中間体がみえる? | Chem-Station (ケムステ) http://www.chem-station.com/blog/2007/07/post-31.html