モンステラ


葉っぱに穴が開いた見た目が
特徴的な観葉植物
モンステラ(答)
18%


引用元:File:Monstera deliciosa3.jpg – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/File:Monstera_deliciosa3.jpg

ホウライショウ Monstera deliciosa Liebm. (モンステラ・デリシオサ)は、サトイモ科に属する植物。大きな厚い葉の左右にいくつもの穴が空き、時には裂ける。観賞用に栽培され、属名カナ読みでモンステラと言えば、普通は本種のことを指す。

特徴[編集]
大型になる常緑性の多年草で、他のものによじ登る蔓植物。大きくなると、高さ7-8mあるいはそれ以上にもなる。茎は太く、断面は丸く、径5-6cmほど。節ごとに長い気根を出す。これは他のものに付着し、それを支えに植物体はよじ登るが、その先端が地面に触れれば、通常の根として地中へ伸びる。葉はよく育つと長さ90-100cm、幅80-90cmに達し、心臓型卵形となり、厚い角質で暗緑色。葉柄は長さ50-80cm[1]。
葉の形は成長によって変化する。幼いものでは丸い葉で切れ込み等もない、滑らかな縁をしているが、次第に側脈の間に円形から長楕円形の穴が出来るようになり、それが次第に連結し、穴の縁が葉縁に達すると全体に深く羽状に裂けたように見える。また葉柄の基部は半分ほどが葉鞘を形成する[2]。
引用元:ホウライショウ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%A6