フェリックス・ハウスドルフ、セルゲイ・ソボレフ、ヘルマン・ミンコフスキー


次の文字列を組み合わせて
数学における「空間」に
名を残す数学者の名前にしなさい
フェリックス───ハウスドルフ
セルゲイ───ソボレフ
ヘルマン───ミンコフスキー
27%

フェリックス・ハウスドルフ(Felix Hausdorff, 1869年11月8日 – 1942年1月26日)は、ドイツの数学者。
位相空間などの研究に貢献した。ボン大学、グライフスヴァルト大学の教授を務めた。ハウスドルフはユダヤ人であったため、ナチス政権がドイツを支配していた1942年に強制収容所に送られることが決定され、妻や義理の妹と共に自殺した。
引用元:フェリックス・ハウスドルフ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%95

セルゲイ・リヴォーヴィチ・ソボレフ(Серге́й Льво́вич Со́болев, 1908年10月6日 – 1989年1月3日)は、ロシアの数学者である。偏微分方程式と解析学の分野で研究を行った。サンクトペテルブルクに生まれ、モスクワで亡くなった。
1929年にレニングラード大学を卒業した後、ウラジミール・スミルノフと共に働いた。1932年からはレニングラードで、1934年からはモスクワのステクロフ数学研究所で働いた。1935年から1957年の間にモスクワ大学の教授をつとめ、また1943年から1957年の間にはクルチャトフ研究所に所属し、核爆弾の計画にも関わった。ソ連科学アカデミーのシベリア部門、アカデムゴロドクの数学研究所や、ノヴォシビルスク大学の設立に貢献している。1988年ロモノーソフ金メダル受賞。
引用元:セルゲイ・ソボレフ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%82%B2%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%82%BD%E3%83%9C%E3%83%AC%E3%83%95

ヘルマン・ミンコフスキーまたはヘルマン・ミンコウスキー(Hermann Minkowski, 1864年6月22日 – 1909年1月12日)は、ロシア(リトアニア)生まれのユダヤ系ドイツ人数学者。ミンコフスキー空間と呼ばれる四次元の空間により、アルベルト・アインシュタインの特殊相対性理論に数学的基礎を与えた。また、時空を表すための方法として光円錐を考えた。その他に数論や幾何学に関する業績がある。
病理学者のオスカル・ミンコフスキーは兄。
引用元:ヘルマン・ミンコフスキー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC

ミンコフスキー空間
ミンコフスキーくうかん
Minkowski space

A.アインシュタインの特殊相対性理論を幾何学として再構成する際に H.ミンコフスキーが導入した四次元空間。ミンコフスキーの時空世界ともいう。通常の三次元空間の任意の点で任意の時刻に起った事象は,ミンコフスキー空間の1点として表わされる。物体の速度,加速度,運動量とエネルギー,力と仕事は適当に定義を改めてこの空間内のベクトルとして,電場と磁場は反対称テンソルとして表現される。また,ローレンツ変換はミンコフスキー空間における座標軸の回転に相当する。このように,ミンコフスキー空間と通常の三次元空間との形式的な類似のため,通常の三次元空間の幾何学の概念を拡張して,特殊相対性理論をミンコフスキー空間の幾何学として記述することができる。
引用元:ミンコフスキー空間(ミンコフスキーくうかん)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC%E7%A9%BA%E9%96%93-140031

数学においてソボレフ空間(ソボレフくうかん、英語: Sobolev space)は、函数からなるベクトル空間で、函数それ自身とその与えられた階数までの導函数の Lp-ノルムを組み合わせて得られるノルムを備えたものである。ここでいう微分を適当な弱い意味での微分と解釈することにより、ソボレフ空間は完備距離空間、したがってバナッハ空間を成す。直観的には、ソボレフ空間は(偏微分方程式のような応用範囲に対して)十分多くの導函数を持つ函数からなるバナッハ空間あるいはヒルベルト空間であって、函数の大きさと滑らかさの両方を測るようなノルムを備えたものということである。
ソボレフ空間の名称はロシア人数学者のセルゲイ・ソボレフに因む。ソボレフ空間の重要性は、偏微分方程式の解というものは古典的な意味での導函数を備える連続函数からなる古典的な空間の中ではなく、むしろソボレフ空間の中にあるとして捉えたほうが自然であるという事実にある。
引用元:ソボレフ空間 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%9C%E3%83%AC%E3%83%95%E7%A9%BA%E9%96%93

ハウスドルフ空間
数学におけるハウスドルフ空間(ハウスドルフくうかん、英: Hausdorff space)とは、異なる点がそれらの近傍によって分離できるような位相空間のことである。これは分離空間(separated space)またはT2 空間とも呼ばれる。位相空間についてのさまざまな分離公理の中で、このハウスドルフ空間に関する条件はもっともよく仮定されるものの一つである。ハウスドルフ空間においては点列(あるいはより一般に、フィルターやネット)の極限の一意性が成り立つ。位相空間の理論の創始者の一人であるフェリックス・ハウスドルフにちなんでこの名前がついている。ハウスドルフによって与えられた位相空間の公理系にはこのハウスドルフ空間の公理も含まれていた。
引用元:ハウスドルフ空間 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%95%E7%A9%BA%E9%96%93