おいでかつのぶ「生出勝宣」



高エネルギー加速器研究で
知られる日本の物理学者
生出勝宣
おいでかつのぶ(答)
25%

生出勝宣(おいでかつのぶ)は、日本の物理学者、高エネルギー加速器研究機構教授。粒子加速器科学専攻。日本加速器学会第5期会長。理学博士。
引用元:生出勝宣 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E5%87%BA%E5%8B%9D%E5%AE%A3

生出勝宣教授が米国物理学会ロバート R. ウィルソン賞を受賞

生出勝宣教授
本機構の生出勝宣(おいでかつのぶ)・加速器第二研究系教授が、スタンフォード線形加速器センターのJohn Seeman 氏とともに米国物理学会の2004年ロバート R. ウィルソン賞を受賞しました。両氏は、Bファクトリー加速器の開発研究に貢献し、衝突型加速器として世界最高性能を達成したことが評価されました。
引用元:ロバートR・ウィルソン賞 https://www2.kek.jp/ja/news/topics/2003/oide.html

30年間のご支援ありがとうございました。
第30回『おいで木炭まつり』終了しました。
30回目で目玉行事に幕
最終回惜しみ大勢来場 矢作町・生出木炭まつり

 陸前高田市矢作町生出地区最大のイベント「生出木炭まつり」(生出地区コミュニティ推進協議会主催)は30日、 同地区多目的集会センター(コミュニティセンター)を主会場に開かれ、多くの来場者で大盛況となった。高齢化による木炭生産者減少などを受け、「紅葉と名水の里」をPRしてきたまつりは30回目の今回が最後となった。主催者はこれまでの感謝を発信し、来場者らは「継続」への期待を寄せながら多彩な催しを満喫していた。

まつりは、昭和30年代後半まで生出の経済を支えた木炭づくりを通じて地域おこしをと、同62年に始まった。高齢化が深刻化する中、原発事故の影響で市有林の払い下げができなくなり原料確保が困難となるなど、震災後はさらに「継続」が厳しさを増したが、「まつりをやめたら生出が忘れられてしまう」と踏みとどまった。
 首都圏の大学とも連携し、滞在型林業体験や木炭発電車の開発を進めるなど、里山資源を活用した先進的な取り組みは多方面から評価を得ており、まつりはそれらの活動成果を披露する場ともなっていたが、運営側の負担が大きくピリオドを打つこととした。
 毎年まつりに来ていたという竹駒町の伊藤賞さん(77)は「木炭はほかと比べものにならないほど上質。きようも 朝から並んでやっと買えた。今回で終わるのは残念。『いつかまた』という思いは強い」と願いを込めた。 同協議会の菅野征ー郎会長(75)は「やめてしまうのは苦渋の決断。今後は未定だが、すぐに再燃する木炭のように何らかの形で再びできれば」と語った。
引用元:ホーム – 陸前高田・生出地区コミュニティ https://oide-community.jimdo.com/