セント・ジェルジ 1937ノーベル生理学・医学賞「生物学的燃焼、特にビタミンCとフマル酸の触媒作用に関する発見」

106pYhdAmlZtD
「生物学的燃焼の研究」により
1937年にノーベル生理学・
医学賞を受賞した化学者は
セント・◯◯◯◯?
スーフプク
ホルェンジ
→ジェルジ
「セント・ジェルジ」
Albert Szent-Gyrgyi

セント=ジェルジ・アルベルト(Nagyrápolti Szent-Györgyi Albert [ˈsɛnɟørɟi ˌɒlbɛrt]、1893年9月16日ブダペスト – 1986年10月22日ウッズホール)は、ハンガリー出身のセーケイ人でアメリカ合衆国に移住した生理学者。ビタミンCの発見などにより、1937年度ノーベル生理学医学賞を受賞。筋肉の研究などでも知られる。
引用元: セント=ジェルジ・アルベルト – Wikipedia.

セント‐ジェルジ 【Albert Szent-Gyrgyi】
[1893~1986]米国の生化学者。ハンガリーの生まれ。ビタミンCを発見しアスコルビン酸と命名。フマル酸が細胞呼吸の触媒として働くことを見いだし、1937年、ノーベル生理学医学賞受賞。また、筋収縮がアクチン・ミオシン・ATPの相互反応であることを発見。47年に米国に亡命。著「分子下生物学入門」など。
引用元: セントジェルジとは – コトバンク.

朝からキャビアを
―― 科学者セント=ジェルジの冒険 ――
ビタミンCを発見したハンガリーのノーベル賞科学者が,反ナチ地下活動などでスパイ映画もどきの大活躍.大統領への誘惑を断わってアメリカに亡命.研究の一方,70歳で20歳の美人と結婚.華麗な綱渡り人生を描く.
引用元: 朝からキャビアを.