大反魂草「ルドベキア」クリスマスベル「サンダーソニア」葉団扇豆「ルピナス」


次の花の呼称を一般名ごとに
グループ分けしなさい
42%

ルピナスサンダーソニアルドベキア
オオハンゴンソウ
クリスマスベル
ハウチワマメ
チャイニーズランタン

オオハンゴンソウ(大反魂草、学名:Rudbeckia laciniata)は、キク科オオハンゴンソウ属の多年草[1]。環境省指定特定外来生物[1]。空き地などで群生しているのをよく見かける。
>外来種問題[編集]
現在では外来生物法により特定外来生物(第二次指定種)に指定されており、許可なく栽培・保管・運搬・輸入・譲渡を行うことは禁止されている。特に北日本や中部日本の高地で広く繁殖が確認されており、在来植物の生態系に影響を及ぼす恐れがある。そのため、日光国立公園戦場ヶ原、十和田八幡平国立公園、富士箱根伊豆国立公園、利尻島といった国立公園を始め[2]、全国各地で駆除作業が行われている[8][9]。しかし、オオハンゴンソウは地下茎や埋土種子(土壌シードバンク)で繁殖することができ、単純に刈り取るだけでは根絶は難しく、スコップなどで根ごと引き抜き、抜き取った根は焼却処分する必要がある[10]。
引用元:オオハンゴンソウ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%82%A6

サンダーソニア属(サンダーソニアぞく、学名: Sandersonia)は、イヌサフラン科(ユリ科に分類することもある)の多年生植物。南アフリカ共和国東部の旧ナタール共和国などの高地(600~2000m)が原産地であり、1851年にジョン・サンダーソンが発見したことにより命名された。現在は農地開発や乱獲により、保護区を除いては、野生で観察するのは難しい。現在はニュージーランドなどで盛んに生産され、生け花やフラワーアレンジメントなどで利用されるため主要消費国の中でも日本の存在感は大きい。
属内にはオーランチアカ(学名: S. aurantiaca)一種しか存在しない。
引用元:サンダーソニア – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%8B%E3%82%A2

サンダーソニアとは

南アフリカ原産の球根植物で、冬の間は葉や茎のない球根の状態で休眠し、春になると芽を伸ばして初夏にツボをひっくり返したようなユニークな形の花を数輪咲かせます。
花色はオレンジ、レモンイエローなどで花の表面には光沢があり、茎葉ともに細く全体的に上品な草姿で、切り花としての需要も高い植物です。ひとつの花の寿命はだいたい1週間くらい、時間差で下から上に咲き進んでいき一株全体では1ヶ月ほど花を楽しむことができます。そのユニークな花の姿からヨーロッパでは「クリスマス・ベル」とも言われます。
引用元:サンダーソニアとは|ヤサシイエンゲイ http://www.yasashi.info/sa_00021.htm

ルピナス
Lupinus perennis; wild lupine

マメ科の多年草。本来は南北アメリカ大陸に原産するハウチワマメ属 Lupinusの属名であるが,日本の園芸界ではこのうち観賞用に栽培する2~3種類を特にこの名で呼ぶことが多い。代表的なものは北アメリカ原産のハウチワマメ L. perennisでノボリフジともいう。茎は直立,分枝し,高さ 30~60cmあり,葉は8枚前後の小葉から成る掌状複葉で,小葉は長さ約 2.5cm,5~7cmの長い葉柄があり互生する。初夏の頃,茎頂に長さ約 25cmのまばらな総状花序を伸ばし,長さ 1cmあまりの蝶形花をつける。花色は普通青色であるがときに白色や淡紅色のこともある。莢は長さ 3cm内外で毛が密生する。
引用元:ルピナス(ルピナス)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%AB%E3%83%94%E3%83%8A%E3%82%B9-151015