20mm以上「強い雨」30「激しい雨」50「非常に激しい雨」80「猛烈な雨」


気象庁の用語で
「強い雨」といえば1時間に
◯◯mm以上降る雨のこと?
◯を答えなさい
20(答)
47%


気象庁の用語で
「強い雨」といえば1時間に
20mm以上降る雨のこと
ですが

「激しい雨」といえば1時間に
◯◯mm以上降る雨のこと?
◯を答えなさい
30(答)

タイピング
気象庁の用語で
「強い雨」といえば1時間に
20mm以上降る雨のこと
ですが

「猛烈な雨」といえば1時間に
◯◯mm以上降る雨のこと?
◯を答えなさい
80(答)

1時間雨量 (mm) 予報用語 人の受けるイメージ
10以上~20未満 やや強い雨 ザーザーと降る

20以上~30未満 強い雨 どしゃ降り

30以上~50未満 激しい雨 バケツをひっくり返したように降る

50以上~80未満 非常に激しい雨 滝のように降る(ゴーゴーと降り続く)

80以上~ 猛烈な雨 息苦しくなるような圧迫感がある。恐怖を感ずる
引用元:気象庁|予報用語 雨の強さと降り方 http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/yougo_hp/amehyo.html

雨(あめ)とは、大気から水の滴が落下する現象で、降水現象および天気の一種[1][2]。また、落下する水滴そのもの(雨粒)のこと[3]。大気に含まれる水蒸気が源であり、冷却されて凝結した微小な水滴が雲を形成、雲の中で水滴が成長し、やがて重力により落下してくるものである。ただし、成長の過程で一旦凍結し氷晶を経て再び融解するものもある[4]。地球上の水循環を構成する最大の淡水供給源で、生態系に多岐にわたり関与するほか、農業や水力発電などを通して人類の生活にも関与している[3][5]。

雨の強さ[編集]
雨の強さ、一定時間に降る雨の量を雨量(うりょう)と言う。雨量は、雨量計と呼ばれる直径20cmの円筒形の器具で測定し、その深さをミリメートル(mm)で表現する。通常用いるのは1時間の雨量(時間雨量)だが、短時間の降雨の強さを表すために10分間雨量などを用いることもある。なお、雪や霰などの雨以外による降水も含めた場合は降水量と言う[5]。
気象庁では、雨の強さの表現を時間雨量により次のように分類している[23][24]。
引用元:雨 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%A8