アルゲランダー


最初の近代的星表とされる
「ボン掃天星表」の作成者
アルゲランダー(答)
Friedrich Wilhelm August Argelander
31%

フリードリヒ・ヴィルヘルム・アルゲランダー(Friedrich Wilhelm August Argelander、1799年3月22日 – 1875年2月17日)はドイツの天文学者である。最初の近代的星表「ボン掃天星表」 (Bonner Durchmusterung) を作成した。

>1822年から1836年までフィンランドのトゥルク、ヘルシンキで天文台の所長をつとめた後、ボンに移った。ボンに新しい天文台を建設したフリードリヒ・ヴィルヘルム4世の援助を受け、アーダルベルト・クリューガー、エドゥアルト・シェーンフェルトともに「ボン掃天星表」 (Bonner Durchmusterung) を作成し、1852年から1859年に出版した。南半球の星は含まれていないが、324,198の星の位置と等級を記録したものであった。写真観測が使用される前の最後の星表である。
引用元:フリードリヒ・ヴィルヘルム・アルゲランダー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%92%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%98%E3%83%AB%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B2%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC

ボンそうてんせいずせいひょう【ボン掃天星図・星表 Bonner Durchmusterung】

F.W.アルゲランダーがドイツのボン天文台の口径72mmの望遠鏡を用いて観測し,可能なかぎりのすべての恒星の位置と明るさを記録した星図と星表。1859‐86年にかけて出版された。Durchmusterungは一つ残らずリストするという意味で,略してBD星表と呼ばれる。赤緯-2゜以北の恒星32万個を記載し,のちに門弟が-23゜まで拡張,13.3万個を追加した。星は赤緯の1度の幅ごとに赤経の順に配列してあり,その番号は今も星の名まえとして用いられる。
引用元:ボン掃天星図・星表(ボンそうてんせいずせいひょう)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%9C%E3%83%B3%E6%8E%83%E5%A4%A9%E6%98%9F%E5%9B%B3%EF%BD%A5%E6%98%9F%E8%A1%A8-1206960