「チャンドラセカール」1983ノーベル物理学賞


アメリカの宇宙物理学者
1983年にノーベル物理学賞を受賞
NASAのX線観測衛星に名を残す
白色矮星の質量の限界値を示す
スブラマニアン・チャンドラセカール(答)
ジョージ・ガモフ
カール・セーガン
フランク・ドレイク
42%

順番当て
次の文字列を順に選んで中性子星が中性子星として存在できる質量の上限を示した言葉にしなさい
トルマン
オッペンハイマー
ヴォルコフ
限界

スブラマニアン・チャンドラセカール(Subrahmanyan Chandrasekhar、(タミル語: சுப்பிரமணியன் சந்திரசேகர்)、[ˌtʃʌndrəˈʃeɪkɑr] ( 聞く)、1910年10月19日 – 1995年8月21日)は、インド生まれのアメリカの天体物理学者。シカゴ大学教授。王立協会フェロー。
1932年、白色矮星の質量に上限(チャンドラセカール質量)があることを理論的計算によって示し、恒星の終焉に関する「チャンドラセカール限界」を提唱したことで知られる。

>エピソード[編集]
1999年に打ち上げられたNASAのX線観測衛星「チャンドラ」は、彼にちなんで名づけられた。
叔父はラマン効果の発見で1930年にノーベル物理学賞を受賞したチャンドラセカール・ラマンである。
2015年に、アジア太平洋物理学会連合(AAPPS)プラズマ物理部門がプラズマ物理学の顕著な進歩に貢献した研究者に贈る、チャンドラセカールの名前を冠した「チャンドラセカール賞」を設立。
引用元:スブラマニアン・チャンドラセカール – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%BB%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB

電子の縮退圧によって自身の重力を安定的に支えることができる質量の上限。白色矮星の場合、太陽質量の約1.4倍程度。インド出身の天体物理学者チャンドラセカールにより導出された。チャンドラセカールの限界。チャンドラセカール質量。→トルーマンオッペンハイマーボルコフ限界
引用元:チャンドラセカール限界(チャンドラセカールゲンカイ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%BB%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E9%99%90%E7%95%8C-678907

中性子の縮退圧によって自身の重力を支えることができる質量の上限。中性子星の場合、太陽質量の1.5倍から3倍程度と見積もられている。質量がこの上限を超えるとブラックホールになると考えられている。1939年にオッペンハイマーとボルコフが、一般相対性理論における球対称で重力平衡な物質の構造を表す方程式から導出。トルーマンが独立してこのような場の解析を行った。→チャンドラセカール限界
引用元:トルーマンオッペンハイマーボルコフ限界(トルーマンオッペンハイマーボルコフゲンカイ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%AA%E3%83%83%E3%83%9A%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%95%E9%99%90%E7%95%8C-689676