「毒キノコ」ニガクリタケ、ツキヨタケ、カエンタケ


次のうち、毒キノコを
1つ選びなさい
アミガサタケ
ニガクリタケ(答)
ヤマブシタケ
ツキヨタケ(答)
カエンタケ(答)
ヤマドリタケモドキ
アンズタケ
シロキクラゲ
54%

297xcpnaumndid
次のキノコを
毒性ごとに
グループ分けしなさい

食用キノコ毒キノコ
ショウゲンジ
ムラサキシメジ
ヤブシメジ
ヤマドリタケ
カエンタケ
オオワライタケ
シロタマゴテングタケ
コレラタケ

313extSBwosiy
次のうち、毒キノコを
1つ選びなさい
キシメジ
セイヨウショウロ
アワビタケ
コレラタケ(答)
ベニテングタケ(答)
キヌガサタケ
ワライタケ(答)
マイタケ
引用元:「毒キノコ」「コレラタケ」「ベニテングタケ」「ワライタケ」 シイタケ開傘順「こうしん」「こうこ」「どんこ」 『ドコノコノキノコ』おかあさんといっしょ・三谷たくみ http://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/12965/

アミガサタケ(Morchella esculenta (L.) Pers. var. esculenta)は、アミガサタケ科アミガサタケ属に属する子嚢菌類のキノコの一種である。

食・毒性[ソースを編集]
優秀な食用キノコの一つであるが、子実体には微量のヒドラジンを含むため、生食することは避けるべきであるとされる[27]。また、調理されたものであっても、アルコールとともに食べると酔いを深め、悪心や嘔吐の原因になるともいわれている[28]。きちんと加熱調理し、かつアルコールを同時に摂取せずに食べても、大量に摂食した場合にめまい・ふらつき・縮瞳などを起こした例が報告されている[29]。ただし、これらの症状は、特別な治療を施さなくても次第に寛解するとされている。また、ミュンヘン近郊で、アミガサタケを大量に食べて体調に異変をきたした例では、患者を診察した医師自身が、診察・処置の終了直後に、患者が採取したのと同一の場所でアミガサタケを集めて試食したが、症状は発現しなかったという[29]。
廃棄されたリンゴ園の跡に発生した場合、農薬の成分として土壌に撒布されたヒ酸鉛に含まれるヒ素や鉛が子実体に蓄積され、これを食用とした場合に健康に好ましくない影響を与える可能性も指摘されている[30]。アミガサタケは全て食用になると思われがちだが、近縁のフカアミガサタケについては食毒不明とする文献がある。
引用元:アミガサタケ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%82%AC%E3%82%B5%E3%82%BF%E3%82%B1


(ニガクリタケHypholoma fasciculare ),モエギタケ科クリタケ属
地方名 はな,にがくり,くりたけのはな(長野市),どくあがたけ,どくあかもだし(秋田県),すずめたけ(青森県),にがっこ(にぎゃっこ,にがこ)(東北地方)
特徴 傘の大きさ 2~5cm程度の小型
形と色
傘 : まんじゅう形からほぼ平らに開く。表面は湿り気を帯び,やや吸水性で黄褐色。中心部が黄褐色で周辺部が硫黄色を示す。
周辺部に初めクモの巣状の被膜の名残を付ける。
ひだ : 柄に対してくっついており(湾生),密である。オリーブ緑色
柄 : 細長く,下部は繊維状で光沢が見られる。
発生時期 年間通して発生
発生場所 広葉樹及び針葉樹の枯れ木や倒木などに束生~群生する。
その他 肉が非常に苦い。
間違えやすい
食用きのこ ナメコ,クリタケ,ナラタケ,ナラタケモドキ
症状 食後3時間程度で強い腹痛,激しい嘔吐,下痢,悪寒などの症状が現れる。
重症の場合は脱水症状,アシドーシス,痙攣,ショックなどの症状が現れて死亡する場合がある。
毒成分 カルモジュリン阻害活性を持つファシキュロ-ル,ファシキュリン酸の他,ムスカリン類。
引用元:自然毒のリスクプロファイル:キノコ:ニガクリタケ|厚生労働省 http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/poison/kinoko_11.html

ヤマブシタケ(山伏茸、学名:Hericium erinaceum)は、サンゴハリタケ科サンゴハリタケ属に属する食用キノコの一種である。

形態[編集]
子実体はかさや柄を形成せず、ゆがんだ球塊状をなし、径も高さも8-25㎝程度になる。子実体の上半部は内部に大小の空隙を有する塊状、下半部は太く長い針状突起の集合体であり、全体がほぼ白色であるが次第にクリーム色を呈し、老熟すれば淡黄褐色を帯びるにいたる。個々の針状突起は長さ0.5~6㎝、基部における太さ1~7㎜程度、柔らかくもろい肉質で折れやすい。
引用元:ヤマブシタケ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%96%E3%82%B7%E3%82%BF%E3%82%B1


ツキヨタケOmphalotus guepiniformis(キシメジ科ツキヨタ属)
特徴 地方名
つきよ,くまべら,わたり,どくもたし,どくきのこ(岩手県)、 つきよんだけ,つきよだけ,どくあかり,きかりきのこ,ひかりだけ(秋田県), ひかりごけ(新潟県),くまべら,こうずる(富山県),ぶなたろう(福井県)
傘の大きさ 大型で10~20cm程度
形と色 傘 :初め黄褐色で,成熟すると紫褐色~暗紫褐色。半円形,まれに円形で濃色の小鱗片を有する。
ひだ:白から薄い黄色で幅は広い。
柄 :太く短い柄が傘の側方に付くものが多いが,中央に付くものもある。ひだの付け根につば様の隆起帯がある。色は傘より淡色。肉の内部は暗紫色~黒褐色のしみがある。このしみは不明瞭なもの,ないものもある。
肉 :厚い。
発生時期 夏~秋(特に秋)
発生場所 ブナ、イタヤカエデなどのに重なり合って発生する。
その他
目がかなり慣れれば,暗い場所ではひだが青白から蛍光緑にかすかに光る。
間違いやすい食用キノコ ヒラタケ、ムキタケ、シイタケ
症状
食後30分~1時間程で嘔吐,下痢,腹痛などの消化器系の中毒症状が現れる。
幻覚痙攣を伴う場合もあるが,翌日から10日程度で回復する。
毒性成分 イルジンS , イルジンM ,ネオイルジン
引用元:自然毒のリスクプロファイル:ツキヨタケOmphalotus guepiniformis(キシメジ科ツキヨタ属) |厚生労働省 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000142114.html


カエンタケ(Podostroma cornu-damae), ニクザキン科ツノタケ属
特徴 傘の大きさ
形と色 表面はオレンジ色から赤色,細長い円柱状または棒状で,土から手の指が出ているように群生または単生する。中は白く,硬い。
発生時期 夏から秋
発生場所 ブナ,コナラなどナラ類などの広葉樹林の地上に群生して発生する。
その他
間違いやすい食用キノコ ベニナギナタタケ( シロソウメンタケ科ナギナタタケ属)
症状
食後30分から,発熱,悪寒,嘔吐,下痢,腹痛,手足のしびれなどの症状を起こす。2日後に,消化器不全,小脳萎縮による運動障害など脳神経障害により死に至ることもある。
毒性成分
トリコテセン類: 毒性は強く,食べても,触っても毒である。死亡例あり。
( 注意)見た目は気味が悪く,食用に見えないが,薬用と勘違いして酒に浸して飲んで中毒が起き,死亡した例がある。
引用元:自然毒のリスクプロファイル:カエンタケ(Podostroma cornu-damae), ニクザキン科ツノタケ属 |厚生労働省 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000143427.html

ヤマドリタケモドキ(学名:Boletus reticulatus)はイグチ目イグチ科イグチ属の菌類。外国ではBoletus aestivalisとしてよく知られ、英語圏ではsummer cepとしても知られる。ヨーロッパの落葉性樹林に生えることが多く、オークと共生的な関係を持っている。夏に子実体を作り、食用になるため人気がありキノコ狩りで集められる。
引用元:ヤマドリタケモドキ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%89%E3%83%AA%E3%82%BF%E3%82%B1%E3%83%A2%E3%83%89%E3%82%AD

ヤマドリタケ(Boletus edulis)はイグチ目イグチ科ヤマドリタケ属の食用キノコ。香りが良く、イタリア料理、ポーランド料理など、ヨーロッパでよく使われる。日本でふつうに発生するヤマドリタケモドキ(Boletus aestivalis (=B. reticulatus))と非常に似ており、しばらくは混同されていた。
引用元:ヤマドリタケ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%89%E3%83%AA%E3%82%BF%E3%82%B1

アンズタケ(杏茸、学名:Cantharellus cibarius)はヒダナシタケ目アンズタケ科アンズタケ属の小型〜中型の菌根性の食用きのこ。アンズ(アプリコット)の香りを持つことからアンズタケと呼ばれる。この香りは乾燥させると強くなる。地方名にミカンタケなどがある。ただし、この仲間のきのこは肉眼では見分けがつきにくく、同属の何種かがアンズタケと総称されている場合が多い。
日本では1908年に川村清一により初めて報告されたが、これまで詳細な分類学的検討は十分なされていなかった。このため、信州大学の小川和香奈らが日本各地に自生するアンズタケの生体と標本の形態並びに核リボソームDNAを調査したところ、4つのクレードに分かれることが判明した。このうち、狭義のアンズタケを含むクレードは北海道で採取されたサンプルから発見され、川村が報告した「アンズタケ」の特徴に一致するサンプルはインド産の C. applanatus と近縁であること、さらにアメリカ産の C. formosus 及び C. altipes に近縁なクレードが発見された。このため、狭義のアンズタケ以外の三種は未記載種だと考えられている[1]。
引用元:アンズタケ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%82%BF%E3%82%B1

シロキクラゲ(白木耳、学名:Tremella fuciformis)は、シロキクラゲ科シロキクラゲ属のキノコ。主に日本と中国で食用とされている。
春から秋にかけて、広葉樹倒木や枯枝に発生する。形は不規則で、花びら状と表される。子実体はゼリー質で白く、半透明。キクラゲ同様、乾燥すると小さく縮み、湿ると元に戻る。
中国では「銀耳」と呼ばれて栽培され、乾燥品として出回っている。主にデザートなどにされる一方、不老長寿の薬としても珍重されている。
シロキクラゲは、血中や肝臓のコレステロールを低下させる効果が高いとされており、動脈硬化、心臓発作に効果的であると言われており、シロキクラゲを利用した料理として中華料理の銀耳羮(シロキクラゲのスープ)などがある[2]。
引用元:シロキクラゲ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%AD%E3%82%AD%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B2