「キジ科」オオハシ、セイラン


次のうち、キジ科の
鳥を1つ選びなさい
ライチョウ(答)
オオハシ オオハシ科
キンケイ(答)
セイラン(答)
ミツオシエ ミツオシエ科
アリスイ キツツキ科
ジャノメドリ ジャノメドリ科
セイケイ クイナ科
53%



次の鳥とその英名の
正しい組み合わせを選びなさい
ミソサザイ───レン wren
キュウカンチョウ───マイナ myna
コウノトリ───ストーク stork
ウズラ──クエイル quail
キジ───フェザント pheasant
41%


オオハクチョウやオシドリは
◯◯科の鳥?
キカ
ワモ
カジ
カモ(答)

◯×
フランス料理の食材で「フェザン」と呼ばれる鳥はカモである
×(答)
◯キジ

ライチョウ(雷鳥、学名:Lagopus muta)は、キジ目ライチョウ科ライチョウ属の鳥の一種である。日本の固有種である亜種ニホンライチョウ(Lagopus muta japonica )は、国指定の特別天然記念物であり、富山県・長野県・岐阜県の県鳥である[6]。
季節が変わってもすみかを移動せず丸一年を同じ地域で過ごす留鳥であり、気温が激しく低下する冬場においても、それ以外の季節と同様、高山で暮らす。
英語圏では、冬に白い羽となるライチョウ属の種をPtarmigan、羽の色を変化させない種はGrouse と呼び区別される[7]。
引用元:ライチョウ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A6

キンケイ(錦鶏、学名:Chrysolophus pictus)は、キジ目キジ科に分類される鳥類の一種。

分布[編集]
主に中国南西部からチベット、ミャンマー北部にかけて分布。標高900 – 1100mの山地に棲息し、住環境としてササやシャクナゲの密生した藪のような場所を好む。

形態[編集]
黄金キンケイ
全長はオスで90cm前後。メスは50 – 60cmほど。オスは赤と金属光沢のある黄色を基調とした派手な色彩をしている。網目模様が入った褐色の尾羽、毛髪状の金色の冠羽、襟首の日本兜のしころ状を呈する明るい黄色と黒の飾り羽が特徴。全身が明るい黄色を呈する飼養品種があり、俗に「黄金キンケイ」と呼ばれる。メスは他種のキジ類同様褐色に黒っぽい斑模様で比較的地味である。
引用元:キンケイ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%82%A4

セイラン(青鸞、学名:Argusianus argus)は、キジ目キジ科に分類される鳥類。マレー半島、スマトラ島、ボルネオ島の森林地帯に棲息する。一説に、中国の空想上の鳥、鳳凰のモデルとも言われている。本種1種でセイラン属を構成する。
引用元:セイラン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%B3