サイモン・「フレクスナー」


野口英世の恩人だった細菌学者
サイモン・◯◯◯◯◯◯?
フレクスナー(答)
Simon Flexner
50%

サイモン・フレクスナー(Simon Flexner, 1863年3月25日 – 1946年5月2日)は、アメリカの病理学者・細菌学者。

父親モーリッツ・フレクスナーはボヘミア・ピルゼン近郊で貧しいが勤勉で精力的なユダヤ教徒の行商人だった。1848年アメリカに移民(のちにモリス Morris に改名)。母親はエスター。4番目の子供として生まれる。プリンストン高等研究所を創設した化学者エイブラハム・フレクスナーは弟。
1891年と1892年、毒素を研究し、1900年に赤痢菌の一種であるフレクスナー菌(英語版)を発見。
引用元:サイモン・フレクスナー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%8A%E3%83%BC

アメリカに到着した野口は、さっそくペンシルバニア大学医学部にフレクスナー教授を訪ねた。突然の訪問に驚き、一度は断ったものの、はるばる日本から自分を頼って来たものを見放すわけにもいかず、月8ドルという条件で蛇毒研究の手伝いをしないかと声をかけた。その後、野口は米国の競争社会の中で数多くの論文をものにし、フレクスナーの要求に応えて、猛烈な勢いで蛇毒の研究を進展させ、フレクスナーも野口の卓抜した科学的才能と努力を賞賛するようになっていった。やがて、梅毒スピロヘータの純粋培養に成功するなど、野口の業績は世界的にも高く評価されるようになったのである。
引用元:野口英世の活躍 http://www.tdc.ac.jp/chiwaki/07noguchi.html