「可聴域低順」ヒト、ネコ、イルカ、コウモリ


次の生物を
より低い周波数の音が
聞こえる順に選びなさい
ヒト 20~20000Hz
ネコ 60~65000Hz
イルカ 150~150000Hz
コウモリ 1000~120000Hz
42%


次の動物を
より高い周波数の音が
聞こえる順に選びなさい
イルカ
ネコ
イヌ
ヒト

118MWDgdqCvnA
次の人間の耳の中の部分を
音の刺激が伝わる順に選びなさい
外耳道
鼓膜
耳小骨
聴神経
引用元:「人間の耳の音伝達順」(外耳)「外耳道」(中耳)「鼓膜」(内耳)「耳小骨」「聴神経」 http://seethefun.net/%E7%90%86%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/8347/

122obSJXPO
日本の高速道路において
渋滞や事故などの情報を流す
ハイウェイラジオの周波数は
全国共通で何キロヘルツ?
52806
79431
1620(答)
引用元:「1620」kz ハイウェイラジオ http://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/25318/


このように、聞き取れる音の範囲は生物ごとで異なっていることが分かります。超低周波音は音というよりも振動や空気の揺らぎです。
引用元:音のカタチ http://oto-kata.jp/home/h01-4.html

Q: 人については,可聴範囲が 20 Hz から 20 kHz,聴感補正として A 特性があることはよく知られていますが,動物(猛禽類,家畜,魚類等)について,そのような情報があれば教えて下さい。

A: 動物にどのような音がどのくらい聞こえるのかを測るには,条件付けによる方法を使います。音が聞こえたら何かの応答(レバーを押すなど)をし,聞こえなかったら何もせずに数秒待つことを,動物に教えます。応答に対して餌などの報酬を与えることで,動物は音が聞こえたときのみ応答することを学びます。こうしておいて,様々な周波数で音が 50 % の確率で聞こえるときの音圧レベルを記録します。実際には,聞こえていないのに応答する場合,聞こえたのに応答しない場合などもありますが,それらは信号検出理論を用いて調整し,最終的に 50 % 程度聞こえる音圧レベルを求めます。これが聴力曲線です。
この曲線上で,音圧レベルが最も低い点の周波数を最適周波数,その音圧レベルを最小音圧レベルといい,そこから 40 dB 上に引いた線が交わるところの低い方の周波数と高い方の周波数を求めて,それを可聴範囲と呼びます。こう定義すると,ヒトの可聴範囲は 60 Hz から 16 kHz 程度で,最適周波数は 4 kHz,最小音圧レベルは 0 dB です。

>ほ乳類では,高いほうの可聴音域は頭の大きさにかなり依存します。これは,ほ乳類では音響コミュニケーションよりも音源の定位に重きをおいて聴覚を進化させてきたからではないかと思われます。頭が小さい動物では高い周波数でも左右の耳に位相差が生じるからです。小型のほ乳類ほど高い音まで聞こえるようになっており,イヌでは最適周波数は 8 kHz,最小音圧レベルは 0 dB,可聴範囲は 200 Hz から 50 kHz ですが,コウモリでは可聴域は 120 kHz にまで達します。しかし一般に,可聴範囲が広い動物は,聞こえる周波数内の二つの音を聞き分ける能力が犠牲になっています。ヒトはほ乳類の中では可聴範囲は狭いほうですが,その代わり高い音弁別の能力を持っている種であると言えます。
岡ノ谷 一夫(理化学研究所)
引用元:社団法人 日本音響学会 — The Acoustical Society of Japan – http://www.asj.gr.jp/qanda/answer/170.html

可聴域[編集]
ヒトでは通常、下は20Hz程度から、上は(個人差があるが)15,000Hzから20,000Hz程度までの鼓膜振動を音として感じることができ、この周波数帯域を可聴域という。可聴域を超えた周波数の音は超音波という。これら可聴域20Hzから20,000Hz以外の音は長らく聞こえないのが定説として多くの教科書等にも記載されてきたが、近年骨伝導で可聴域外の音に反応する例が個人差があるものの確認され可聴域外の研究が進められている。可聴域を下回る、あるいは可聴域下限付近の低周波音は、これまで知られていなかったタイプの騒音被害(低周波騒音)を引き起こすものとして注目されている(低周波音参照)。なお、超音波は骨伝導で、また、可聴域近傍の周波数の音は、振動として皮膚感覚などで感知できる場合がある。
引用元:聴覚 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%B4%E8%A6%9A