フェネック「イヌ科」フォッサ「マダガスカルマングース科」


次の動物と、それが属する科の
正しい組み合わせを選びなさい
フェネック───イヌ科
フォッサ───マダガスカルマングース科
フェレット───イタチ科
54%

フェネックギツネ (Vulpes zerda) は、哺乳綱ネコ目(食肉目)イヌ科キツネ属に分類される食肉類。単にフェネックとも呼ばれる。

分布[編集]
アルジェリア、エジプト、スーダン、チャド、チュニジア、ニジェール、マリ共和国、モーリタニア、モロッコ、リビア[2]
アラブ首長国連邦に分布するとされたこともあるがオジロスナギツネの誤認とされ、アラビア半島で確実な発見例はない[2]。
引用元:フェネック – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%8D%E3%83%83%E3%82%AF

マングースの近縁種であるフォッサは、インド洋に浮かぶマダガスカル島の固有種だ。鼻からしっぽの先までが約2メートル、体重12キロにもなるフォッサは、仲間のマングースにはほとんど似ておらず、ネコのように細身だ。

  フォッサはマダガスカルに生息する最大の肉食動物で、食物連鎖の頂点に立つ。キツネザルをはじめ、そのツメで捕らえられるものなら野生のブタからネズミまで何でも食べることが知られている。マングースよりもネコに似ており、引っ込められるツメと、ネコのような鋭い歯を持っている。毛皮は赤褐色で、鼻先はイヌに似ている。また、木立の中での活動や狩りに役に立つ長いしっぽがある。しっぽを巧みに使って木々の間を素早く移動するため、フォッサの観察や調査を行うのは容易でない。
引用元:フォッサ | ナショナルジオグラフィック日本版サイト http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/20141218/428890/

フェレット
Mustela putorius furo; ferret

食肉目イタチ科。体長は雄 38cm,雌 34cm,尾長 12~14cm。体は細長く,前後肢は短い。体色は白色か淡色。肛門腺から悪臭のある分泌物を出す。西ヨーロッパからウラル山脈にすむヨーロッパケナガイタチ Mustela putoriusを家畜化したもので,ネズミ退治用にローマ時代から飼育されていた。近年ニュージーランドにアナウサギ退治用に移入され,野生化している。また,1920年代以降は実験動物として各種ウイルスの感染実験などに用いられている。最近は肛門腺を除去した個体がペットとして売られる。室内飼育下の寿命は5~6年。生後 10ヵ月で性成熟に達し,春と秋に発情する。平均妊娠期間は 45日,5~8頭の子を生む。牛乳とペットフードで飼育できるが,ジステンパーやインフルエンザに対する感染率が高く,イヌや羅患者との接触は避ける必要がある。
引用元:フェレット(フェレット)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88-172421