「シャイマン症候群」ギルマーティン「ピーターパン症候群」ダン・カイリー「燃えつき症候群」フロイデンバーガー「(代理)ミュンヒハウゼン症候群」リチャード・アッシャー

035zVHfROEvJt
次の心理学用語と、その提唱者の
正しい組み合わせを選びなさい
シャイマン症候群───ギルマーティン
ピーターパン症候群───ダン・カイリー
燃えつき症候群───フロイデンバーガー

CIMG1530TononWkJtNBu
自分の子供などを傷つけて周囲の
関心を引き寄せる病気の名前は
◯◯ミュンヒハウゼン症候群?
○の漢字をひらがなで答えなさい
だいり
「代理ミュンヒハウゼン症候群」

ラブシャイ (Love-shyness) とは、心理学者のブライアン・G. ギルマーティンによって提示された概念で、重度の人見知りの持病を表す。ギルマーティンによると、ラブシャイである人々は、くだけた社交の場で、恋人となりうる異性に対して働きかけることに強い困難を覚え、例えば男性の場合、強い不安を感じるため、女性と会話をはじめることができない。
引用元: ラブシャイ – Wikipedia.

ピーターパン症候群(ピーターパンしょうこうぐん)またはピーターパンシンドロームとは、1983年にアメリカの通俗心理学本作家ダン・カイリーが著した『ピーターパン症候群』(原題:Peter Pan Syndrome)で提唱されたパーソナリティ障害である。「誰でも持っている問題の一種」であり、心理学・精神医学の正式な用語ではない。従ってアメリカ精神医学会出版の「精神疾患診断統計マニュアル」には記載されていない。
>大人という年齢に達しているにもかかわらず精神的に大人にならない男性を指す言葉。 カイリーは著書の中で、ピーターパン症候群は「成長する事を拒む男性」として定義されている。また同作家は、これに関連して『ウェンディ・ジレンマ』(原題:Wendy Dilemma)も1984年に出版している。
引用元: ピーターパン症候群 – Wikipedia.

燃え尽き症候群(もえつきしょうこうぐん、英: Burnout Syndrome)[要出典]は、一定の生き方や関心に対して献身的に努力した人が期待した報酬が得られなかった結果感じる徒労感または欲求不満[要出典][1]。慢性的で絶え間ないストレスが持続すると、意欲を無くし、社会的に機能しなくなってしまう[要出典]症状。一種の心因性(反応性)うつ病とも説明される。
>ハーバート・フロイデンバーガー(Herbert J. Freudenberger)の定義によると、持続的な職業性ストレスに起因する衰弱状態により、意欲喪失と情緒荒廃、疾病に対する抵抗力の低下、対人関係の親密さ減弱、人生に対する慢性的不満と悲観、職務上能率低下と職務怠慢をもたらす症候群。
引用元: 燃え尽き症候群 – Wikipedia.

代理ミュンヒハウゼン症候群(だいりミュンヒハウゼンしょうこうぐん、Münchhausen Syndrome by Proxy, MSbP)とはミュンヒハウゼン症候群の一形態であって、傷害の対象が自分自身ではなく何か代理のものであるような精神疾患である。
多くの場合傷害対象は自らの子であるため、児童虐待と同列に挙げられる。しかしながら傷害行為自体は患者の目的ではなく、手段として傷害行為に及び自分に周囲の関心を引き寄せることで、自らの精神的満足を他者から得ようとしているものである。子が患者の傷害の対象である症例では、患者は傷害を目的として行っているわけではないとはいえ、行為が反復・継続し、重篤な傷害を負わされる危険がある。
引用元: 代理ミュンヒハウゼン症候群 – Wikipedia.

ミュンヒハウゼン症候群(ミュンヒハウゼンしょうこうぐん 英独:Münchhausen syndrome)は虚偽性障害に分類される精神疾患の一種。症例として周囲の関心や同情を引くために病気を装ったり、自らの体を傷付けたりするといった行動が見られる。1951年にイギリスの医師、リチャード・アッシャーによって発見され、「ほら吹き男爵」の異名を持ったドイツ貴族ミュンヒハウゼン男爵にちなんで命名された。
引用元: ミュンヒハウゼン症候群 – Wikipedia.