「クラゲイカ」左眼だけ特に大きい 発光器があるイカ カウンターシェーディング対策

146ZTMwXDBCHb
発光器を持つ
別の生物が名前になっている
マッコウクジラの食料になる
左眼だけがギョロリと大きい
アオリイカ
コウモリイカ
ホタルイカ
クラゲイカ(答)

外套長20cm。外套膜は全体に比し小さく吊鐘状。一面に微細な小乳頭状突起でおおわれ、腹側には数列の発光器がある。鰭は丸く後縁は連続する。頭部は著るしく大きく、外套口より幅広い。外套膜上同様小乳頭状突起に覆われ、発光器もある。左眼が右眼に比し大きく不相稱。眼のまわりの発光器の数と配列も左右で異なっている。
>和名は佐々木(1929)が漁業者の俗称から採ったもの。汎世界種。
引用元: クラゲイカ – 世界イカ類図鑑2005 – 全国いか加工業協同組合.

この左目は黄色い水晶体でできている。
黄色い水晶体は青い光を吸収する特性を持つらしい。
このことによって
クラゲイカは海面から届く青い光は見えないということになる。
>すると
自ら光ることによって海面からの青い光に同調し、カモフラージュしていた
深海生物の発光器だけが丸見えとなってしまい
カウンターシェーディングという光技は無効になってしまうのである。
引用元: 深海生物の光技|川崎悟司 オフィシャルブログ 古世界の住人 Powered by Ameba.

アオリイカ
アオリイカ(障泥烏賊、 Sepioteuthis lessoniana) は、ヤリイカ科・アオリイカ属に属するイカの一種。日本沿岸に分布する大型のイカで、食用や釣りの対象として人気がある。
引用元: アオリイカ – Wikipedia.

外套長27cm。外套膜は円筒形で、とがった尾部をもち、鰭は小さく横長の楕円形。頭部は小さい。腕吸盤は2列。触腕掌部の分化は不明瞭で、殆ど全長に亘って6列の吸盤がある。南大洋。
引用元: コウモリイカ – 世界イカ類図鑑2005 – 全国いか加工業協同組合.

ホタルイカ(蛍烏賊、学名Watasenia scintillans (Berry, 1911)[1])は、ツツイカ目 ホタルイカモドキ科に属するイカの一種である。
>触手の先にはそれぞれ3個の発光器が付いており、何かに触れると発光するため、敵を脅すものではないかと考えられているが、光によって敵を誘導し、ただちに消灯してその場から逃げるという、いわばデコイとしての機能があるともされている[3]。体表の海底側(腹側)には細かい発光器があり、これは海底側にいる敵が海面側にいるホタルイカを見ると、海面からの光に溶け込み姿が見えなくなるカウンターシェイディング効果の役割を果たしている。海面側から海底に向かって見た場合はこの効果が働かないため、体表の海面側(背中側)には発光器はほとんど存在しない。
引用元: ホタルイカ – Wikipedia.