moose「ヘラジカ」Roe Deer「ノロジカ」reindeer「トナカイ」


次のシカ科の動物と英語名の
正しい組み合わせを選びなさい
ヘラジカ───moose
ノロジカ───Roe Deer
トナカイ───reindeer
50%

ヘラジカ(箆鹿、Alces alces)は、哺乳綱偶蹄目シカ科ヘラジカ属に分類されるシカ。本種のみでヘラジカ属を形成する。別名オオジカ。

分布[編集]
中国東北部、アメリカ合衆国北部、エストニア、カナダ、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、ラトビア、リトアニア、ロシア。
英語ではユーラシア大陸のヘラジカをエルク(elk)、北アメリカのヘラジカをムース(moose)と呼ぶ。エルクはゲルマン語の単語であり、学名になっているラテン語 alces もおそらくゲルマン語からの借用である(『ガリア戦記』6.27 に「alces という動物がいる」と記す)。ムースの語源はマリシート族(Maliseet)の言語で同種を指すムス(mus)である[1]。なお、北アメリカではシカ属のアメリカアカシカ(ワピチ)がエルクと呼ばれている。

>道路に飛び出し交通事故により命を落とすことがあり、大型なためにしばしば深刻な人身事故にもつながる。特に夜道では、体色が黒っぽく、頭部(すなわち前照灯に反射する目)が高い位置にあるためドライバーが気づくのが遅れることが多く、衝突すると車のバンパーが当たった衝撃で細い脚が折れ、巨大な胴体が上方から運転席を押しつぶす形で倒れてくるため、エアバッグが展開したとしても大した効果が望めない。このためスカンディナヴィアとドイツでは、自動車の安全評価にヘラジカとの衝突を想定したヘラジカテストを導入している。特にボルボとサーブ・オートモービル(スウェーデン)、メルセデス・ベンツ(ドイツ)では開発段階からヘラジカとの衝突が考慮されているため、結果として衝突安全性についての評価が高くなっている。
引用元:ヘラジカ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%AB

ノロジカ(麕鹿/麞鹿/麇鹿/獐鹿)とは、哺乳綱 – 鯨偶蹄目 – シカ科(シカ)- ノロジカ属の一種。ノロ(麕/麞/麇/獐)またはノルとも。種名は朝鮮語の「노루」(ノル)から[1]。ノロジカ属には2種が属し、他にシベリアノロジカ (C. pygargus) がいる。
引用元:ノロジカ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%AB

トナカイ(アイヌ語: tunakkay、学名: Rangifer tarandus)は、哺乳綱鯨偶蹄目シカ科(シカ)トナカイ属の1種である。本種のみでトナカイ属を形成する。別名、馴鹿(じゅんろく)。英語では「レインディア (reindeer)」という。北アメリカで生息する個体は、カリブー(Caribou)と呼ばれる。
引用元:トナカイ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%8A%E3%82%AB%E3%82%A4

moose
音節moose 発音記号/múːs/音声を聞く
名詞可算名詞
(《複数形》 moose) 【動物, 動物学】 アメリカヘラジカ 《北米産; 雄は掌状の大きい角がある》.
引用元:mooseの意味 – 英和辞典 Weblio辞書 http://ejje.weblio.jp/content/moose

Roe deer
アクセントróe dèer
名詞可算名詞
(《複数形》 roe deer) 【動物, 動物学】 ノロ,ノロジカ.
引用元:Roe Deerの意味 – 英和辞典 Weblio辞書 http://ejje.weblio.jp/content/Roe+Deer

reindeer
音節rein・deer 発音記号/réɪndìɚ|‐dìə/音声を聞く
名詞可算名詞
(《複数形》 reindeer) 【動物, 動物学】 トナカイ 《雄・雌ともに大きな枝角 (antler) をもつ北極地方産の動物; そり (sledge) を引っぱるのに用いられる; cf. caribou》.
引用元:reindeerの意味 – 英和辞典 Weblio辞書 http://ejje.weblio.jp/content/reindeer