「開聞岳」成層火山「平成新山」溶岩円頂丘「マウナロア」楯状火山


次の火山と
その地形による分類の
正しい組み合わせを選びなさい
開聞岳───成層火山
平成新山───溶岩円頂丘
マウナロア───楯状火山
32%

134gxGyvJqTYp
次の日本の山の画像と名前の
正しい組み合わせを選びなさい
(画像選択肢)
Aの画像(山頂部に雪)───富士山
Bの画像(麓に緑の畑)───羊蹄山 「蝦夷富士」
Cの画像(麓は海)───開聞岳 「薩摩富士」
引用元:富士山と画像「富士山」山頂に雪・街からの眺め「羊蹄山」麓に広がる畑・蝦夷富士「開聞岳」海(長崎鼻?)からの眺め「薩摩富士」「タコマ富士」レーニア山「ペルー富士」ミスティ山 http://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/14030/


次の日本の湖と
その発生に基づく分類の
正しい組み合わせを選びなさい
中禅寺湖───堰き止め湖
サロマ湖───潟湖
奥多摩湖───人造湖
芦ノ湖───カルデラ湖
蔵王・お釜───火口湖
諏訪湖───断層湖

CIMG6557
1991年6月3日に雲仙普賢岳の
火砕流で亡くなった、妻カティス
夫モーリスのフランスの火山学者
夫妻は◯◯◯◯夫妻?
ククルン
ミートト
アライカ
クラフト(答)
「クラフト夫妻」
引用元:「メラピ山」インドネシアのジャワ島にある火山 「メラピ型火砕流」 「クラフト夫妻」雲仙普賢岳 http://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/13093/

開聞岳(かいもんだけ)は、鹿児島県の薩摩半島の南端に位置する標高924mの火山。1964年(昭和39年)3月16日に、霧島屋久国立公園に指定された[2] 。日本百名山[3]、新日本百名山[4]及び九州百名山に選定されている。山麓の北東半分は陸地に、南西半分は海に面しており、見事な円錐形の山容から別名「薩摩富士」とも呼ばれる。所在地は鹿児島県指宿市。
引用元:開聞岳 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%8B%E8%81%9E%E5%B2%B3

概要

 玄武岩の成層火山の頂部に安山岩の溶岩ドームが存在。遠望すると、両者が連続して単純な成層火山のようにみえるため、薩摩富士とも称される。 活動は約4400年前にはじまり、最後の溶岩ドームの生成は9世紀(885年)。玄武岩~安山岩のSiO2量は50.6~56.5 wt.% である。

噴火活動史

 各火山について、地質学的な研究によってわかっている過去1万年の火山活動史を記載した。また、過去1万年間の噴火活動と有史以降の火山活動とに分けて記載した。

過去1万年間の噴火活動
 開聞岳は、約4,400年前(奥野, 2002)に噴火を始めた。初期の活動は、浅海域での水蒸気マグマ噴火であった。 溶岩を流出する噴火を繰り返し、約2,500年前には現在とほぼ同じ規模の山体が完成していたものと推定されている。 約2,000年前と1,500年前の活動では噴出量が多く、成層火山体の形成に大きく寄与した。 その後、歴史時代の874年及び885年の噴火で山頂付近の地形が大きく変化し、噴火末期に火口内に溶岩ドームが形成された。 また、開聞岳南方沖海底には、開聞岳付近を発生源とする岩屑なだれ堆積物の地形がみられる。 側端崖、先端崖、流れ山の地形が明瞭であるが、発生源の崩壊地形は成層火山に覆われて全く見えない。
引用元:気象庁|開聞岳 http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/fukuoka/507_Kaimondake/507_index.html

溶岩円頂丘(ようがんえんちょうきゅう)または溶岩ドーム(ようがんドーム、英: Lava dome)とは、火山から粘度の高い水飴状の溶岩が押し出されてできた、ほぼドーム状の地形である。上空からはおおよそ円形に見え、地上から見ると土饅頭、あるいは円墳のような外観を成した隆起を成す。

溶岩円頂丘の変遷[編集]
溶岩ドームとは、動的な構造物である。成長、崩壊、凝結、そして侵食のような、長い時を超えて、それが経験するいろいろな過程によって進化するものである。
溶岩ドームは、その成長の仕方によって、内成(ないせい)ドームと外成(がいせい)ドームに分けられる[1]。前者、つまり内成ドームは、新しく湧き上がってくるマグマを包み込むために、外側の固化した溶岩でできたドームの内側面が拡がることででき上がり、後者、つまり外成ドームは、溶岩がドームの表層部に積みあがることででき上がる。溶岩が火口から押し出されて遠くへ流れ出すのを阻まれるのは、溶岩の高い粘度のためである。それゆえ、どろどろの溶岩がドームの様な形状をつくり、野外のその場でゆっくりと冷却していくのである。ドームは成長するにつれ、その高さは数百メートルに達することがある。成長はゆっくりと、しかも着実に続けられる。生長期間は、九州・島原半島に聳える雲仙岳の平成新山を作った1990年噴火のように、数か月で収まる場合もあれば、カリブ海に浮かぶモントセラト島にあるスーフリエール・ヒルズのように、数年にわたって続く場合も、またあるときにはインドネシア・ジャワ島にあるムラピ山のように、数千年も生長期間が続く場合もある。
引用元:溶岩円頂丘 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%B6%E5%B2%A9%E5%86%86%E9%A0%82%E4%B8%98

平成新山 へいせいしんざん
平成2年11月17日、雲仙火山の最高峰である普賢岳は、後に平成新山の誕生を促すことになる198年ぶりの噴火を開始する。噴火に先立つ1年ほど前から、普賢岳の西側にある橘湾の地下10km程度を震源とする群発地震が発生し、震源が浅くなりながら東に移動し、火山性微動の発生も観測されていた。噴火は、普賢岳山頂から東へ600mほどの普賢神社付近の九十九島火口と地獄跡火口での水蒸気爆発から始まった。平成3年5月20日、地獄跡火口に溶岩ドームが出現する。
引用元:平成新山 文化遺産オンライン http://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/203526

マウナ・ロア山(マウナ・ロア3、Mauna Loa)は、ハワイ諸島にある活火山であり、ハワイ島を形成する5つの火山のうちの1つである。マウナ・ロアとは、ハワイ語で「長い山」の意である。山頂にはモクアウェオウェオ(Mokuʻāweoweo)と呼ばれるカルデラがある。マウナ・ロア山の体積は約75,000 km3であり (富士山は1,400 km3)[1]、地球で最も体積の大きい山でもある。
マウナ・ロア山は有史以来、30回を超える噴火が起こっており、1984年の3月から4月にかけて起こった噴火は世界的にも有名である。

マウナ・ロアは世界最大の楯状火山である。溶岩の粘度が低く極めて流動的なため、斜面がなだらかで盾を伏せたような形である。激しい噴火は稀で、ほとんどの場合で溶岩噴泉から溶岩流が供給されるハワイ型噴火が起こる。典型的な噴火では、始めに数kmにおよぶ割れ目火口が開き、それに沿って溶岩噴泉がいわゆる「炎のカーテン」として出現する。通常では数日間で火山活動は一つの噴火口へと収束していく[5]。
引用元:マウナ・ロア山 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A6%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%82%A2%E5%B1%B1