「カルデラ湖」屈斜路湖、摩周湖、芦ノ湖


次のうち、カルデラ湖を
1つ選びなさい
霞ヶ浦 海跡
屈斜路湖(答)カルデラ
猪苗代湖 構造
八郎湖 海跡
サロマ湖 海跡
琵琶湖 構造
摩周湖(答)カルデラ
芦ノ湖(答)カルデラ
62%

屈斜路湖(くっしゃろこ)は北海道東部、弟子屈町にある自然湖である。日本最大のカルデラ湖で[2]、全面結氷する淡水湖としても日本最大の面積を持つ[要出典]。昭和9年、全域が阿寒国立公園に指定された。
引用元:屈斜路湖 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%88%E6%96%9C%E8%B7%AF%E6%B9%96

摩周湖(ましゅうこ)は、北海道川上郡弟子屈町にある湖。日本でもっとも、世界ではバイカル湖についで2番目に透明度の高い湖である。2001年には北海道遺産に選定された。急激に深くなっていることとその透明度から青以外の光の反射が少なく、よく晴れた日の湖面の色は「摩周ブルー」と呼ばれている。

地理[編集]
北海道東部、阿寒国立公園内に位置する。日本の湖沼では20番目の面積規模を有する[2]。約7000年前の巨大噴火によって生成された窪地に水がたまったカルデラ湖であり、アイヌ語では「キンタン・カムイ・トー(山の神の湖)」という。摩周という名の由来は「カムイシュ」(神老婆)や「マシ・ウン・トー」(カモメの湖)など諸説あるが不明(なお摩周湖にカモメは生息していない)。湖の中央に断崖の小島カムイシュ島がある。
引用元:摩周湖 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%91%A9%E5%91%A8%E6%B9%96

芦ノ湖(あしのこ)は神奈川県足柄下郡箱根町にある、箱根山の堰止湖である。

歴史[編集]
箱根火山のカルデラ内にある中央火口丘の一つで、成層火山である神山が、約3000年前に水蒸気爆発と火砕流を起こした際、山の一部が大崩壊を起こす山体崩壊が発生。カルデラ内にあった早川を堰き止めて芦ノ湖が生まれた。
引用元:芦ノ湖 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%A6%E3%83%8E%E6%B9%96

(成因あり)
引用元:日本の主な湖沼 https://www.mlit.go.jp/river/toukei_chousa/kasen/jiten/toukei/birn30p.html

カルデラ湖
かるでらこ

カルデラcaldera(火山性の火口状凹地で直径が約2キロメートルより大きいもの)の全部ないしは大半に水をたたえた湖。湖盆を形成するカルデラは陥没によって生じることが多く、ほかに火山爆発や侵食などの成因も考えられている。カルデラ床のほとんどに湛水(たんすい)している場合をさし、カルデラの一部だけを占める火口原湖(例、榛名湖(はるなこ)・芦ノ湖(あしのこ))とは区別される。湖岸から急に深くなり、湖底が平坦(へいたん)で広いことは火口湖と同じで、面積のわりに深度は大きい。
 湖盆の形態は、秋田県の田沢湖やアメリカ合衆国のクレーター・レーク国立公園にあるカルデラ湖クレーター・レークのように円形のこともあり、中央火口丘の噴出のため北海道の摩周湖や支笏湖(しこつこ)のように勾玉(まがたま)状をなしたり、湖底に火山島をもつため北海道の洞爺湖(とうやこ)のように環状となることもある。十和田湖は、カルデラと火山島や半島の火口とが連結したために湖岸線が不規則となった例である。日本の深い湖の大部分はカルデラ湖である。[森 和紀]
引用元:カルデラ湖(カルデラこ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%A9%E6%B9%96-47738

カルデラ(西: caldera[1][2][3])とは、火山の活動によってできた大きな凹地のことである。「釜[4]」「鍋[5]」という意味のスペイン語に由来し、カルデラが初めて研究されたカナリア諸島での現地名による。本来は単に地形的な凹みを指す言葉で明瞭な定義はなく、比較的大きな火山火口や火山地域の盆地状の地形一般を指す場合がある。過去にカルデラが形成されたものの、現在は侵食や埋没によって地表に明瞭凹地として地形をとどめていない場合もカルデラと呼ぶ。
引用元:カルデラ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%A9

カルデラの一覧(日本)(カルデラのいちらん(にほん))は、日本のカルデラの不完全なリストである。
ここでは、日本のカルデラについて北から順に解説する。カルデラは、山中の湖や開けた湾などの風光明媚な地形を造り、マグマの熱はたくさんの温泉を湧出させるため、景勝地や観光地になっているものも少なくない。なお、一覧には火口地形として知られているもののほか、構造からカルデラとしているもの、凹地の成因の1つにカルデラ説があるもの、陥没カルデラを形成したと思われる地形、浸食により現在はカルデラ地形が明らかでないものも含む。また、領土問題が発生している地域も含む(北方領土は最下)。
引用元:カルデラの一覧 (日本) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%A9%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7_(%E6%97%A5%E6%9C%AC)