「ヤマトシジミ」紫「アドニスヒメシジミ」青


次の蝶とオスの羽の色の
正しい組み合わせを選びなさい
ベニシジミ───オレンジ
ヤマトシジミ───紫
アドニスヒメシジミ───青
64%

306ITeAkjhBFR
次のうち、蝶の一種
ツマグロヒョウモンはどっち?
A(答)ツマグロヒョウモン
Bアサギマダラ
引用元:アサギマダラ「浅葱色」の蝶「ポンテンモンキ」チョウ「世界に8頭の希少な蝶」 「ブータンシボリ」アゲハ「ヒマラヤの貴婦人」ブータンの国蝶 「ゼフィルス」ミドリシジミ類の呼称 「夢見鳥」蝶のこと『荘子・胡蝶の夢』から http://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/8797/


ベニシジミ(紅小灰蝶、学名:Lycaena phlaeas)は、チョウ目(鱗翅目)シジミチョウ科ベニシジミ属に分類されるチョウの一種。

>春に日当たりの良い草原でよく見られる小さな赤褐色のチョウである。成虫の前翅長は1.5 cmほど。前翅の表は黒褐色の縁取りがあり、赤橙色の地に黒い斑点がある。後翅の表は黒褐色だが、翅の縁に赤橙色の帯模様がある。翅の裏は表の黒褐色部分が灰色に置き換わっている。時に白化する場合もある。
鹿児島県でレッドリストの「分布特性上重要」の指定を受けている[1]。
1997年(平成9年)11月28日発売の30円普通切手の意匠になった。
引用元:ベニシジミ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%8B%E3%82%B7%E3%82%B8%E3%83%9F


ヤマトシジミ(大和小灰蝶、大和蜆蝶・学名Pseudozizeeria maha、シノニムZizeeria maha)はチョウ目・シジミチョウ科のチョウ一種。日本には本州以南に分布する。前翅長は9-16mmと小さい。

年5-6回、春から秋まで発生する。越冬態は蛹。オスの翅表の色は黒地で、中心に明るい水色を吹いたような色合いだが、メスは黒色のみ。翅裏は薄いグレー地で、黒い斑紋を乗せる。関東以西でもっとも普通に見られるチョウのひとつ。
引用元:ヤマトシジミ (蝶) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%88%E3%82%B7%E3%82%B8%E3%83%9F_(%E8%9D%B6)


The Adonis blue (Polyommatus bellargus) is a butterfly in the family Lycaenidae. It is found in the Palearctic ecozone (Western Europe, Central Europe, South Europe, South Russia, Iraq, Iran, Caucasus, Transcaucasus, Turkey).

It may be found in chalk downland, in warm sheltered spots, flying low over vegetation, seeking females that are rich chocolate brown in color. The male has brilliantly-colored wings that give it its name.
引用元:Adonis blue – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Adonis_blue