「類体論」高木貞治(たかぎていじ)が証明を与えた理論 ヒルベルトが予想

041NFPGOGDFOa
1920年代に、高木貞治らにより
創始された代数的整数論の
一分野は「◯◯論」?
集数
確体
倍合
→類体論

数学における類体論(るいたいろん、英: class field theory)は、有限体上の曲線の函数体や数体のアーベル拡大について、およびそのようなアーベル拡大に関する数論的性質について研究する、代数的数論の一大分野である。理論の対象となる体は、一般に大域体もしくは一次元大域体と呼ばれるものである。
>ヒルベルトの有名な問題が更なる発展の刺激となって、高木貞治、フィリップ・フルトヴェングラー、エミール・アルティン(ドイツ語版、英語版)、ヘルムート・ハッセほか多数による種々の相互法則(英語版)が導かれることとなった。重要な高木の存在定理が1920年に知られ、全ての主要な結果は1930年ごろまでには出そろっていた。
引用元: 類体論 – Wikipedia.

るいたいろん【類体論 class field theory】
19世紀の終りころに,D.ヒルベルトが基本的な予想を提出し,1920年ころに高木貞治が一般的な証明を与えた代数体の整数論における重要な理論。
>さらに一般的な場合に関するいくつかの予想を述べ,とくにkの不分岐なアーベル拡大Kで,そのガロア群がkのイデアル類群と同型であり,kの素イデアルのKでの分解の形が,その素イデアルが属するkのイデアル類により定まるようなものが存在することを予想し,これをkの類体と名づけた。
引用元: 類体論 とは – コトバンク.

ドラクエ(に限らず色々なコンピュータゲーム)に関する定番の疑問(ツッコミ)のひとつに「あの世界はいったいどんな形をしているのか」というのがある。ドラクエやそのほか多くのゲームの世界では正方形の世界の北と南、東と西がつながっている。
引用元: ドラクエから類体論 – 再帰の反復.