フィールズ賞,ネヴァンリンナ賞,ガウス賞,チャーン賞(陳省身賞)


次のうち、国際数学者会議が
授与する賞を1つ選びなさい
チャーン賞(答)
ボーヤイ賞
ショック賞
アーベル賞
ラマヌジャン賞
ガウス賞(答)
フィールズ賞(答)
53%

015fQLQyZQ
次の数学の賞を
第1回が授与されたのが
早い順に選びなさい
ボーヤイ賞 1902
コール賞 1928
フィールズ賞 1936
ネヴァリンナ賞 1981
ショック賞 1993
アーベル賞 2003
ラマヌジャン賞 2005
ガウス賞 2006

037HmgAKyF
1993年に創設された賞
数学部門で佐藤幹夫が受賞
視覚芸術部門でSANAAが受賞
スウェーデンの哲学者に由来
ショック賞
ボーヤイ賞(答)
コール賞
ガウス賞

連想
1902年創設の数学の賞
第1回はポアンカレが受賞
2000年に90年ぶりに復活
ハンガリーの数学者に由来
ボーヤイ賞(答)
引用元:「ショック賞」「アーベル賞」「ガウス賞」 http://seethefun.net/%E7%90%86%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/23522/

国際数学者会議(こくさいすうがくしゃかいぎ、International Congress of Mathematicians、ICM)は数学界最大の会合であり、4年に一度、国際数学連合の主催により行われる。
第1回会議は1897年にスイスのチューリッヒで行われた。1900年の会議では、ヒルベルトが興味のある問題として23の未解決問題を発表したことが20世紀の数学界に影響を与えた。今日では、それらの問題はヒルベルトの23の問題と呼ばれる。
開会式では、フィールズ賞、ネヴァンリンナ賞、ガウス賞、陳省身賞 (Chern Medal) が授与される。会議ごとに、招待講演に基づく学術的な論文を含む議事録(プロシーディングス)が刊行される。
1998年の会議には3,346人が参加した。会議中には、会議の主催者により選ばれた著名な数学者による21の1時間の全体講演と、169の45分間の招待講演が行われた。さらに、参加者による各15分間の発表が行われた。アメリカ数学会は、2006年の会議の参加者は4,500人を超えたと発表した。2014年の会議は韓国のソウルで開かれた。
引用元:国際数学者会議 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E6%95%B0%E5%AD%A6%E8%80%85%E4%BC%9A%E8%AD%B0

フィールズ賞(フィールズしょう)は、若い数学者のすぐれた業績を顕彰し、その後の研究を励ますことを目的に、カナダ人数学者ジョン・チャールズ・フィールズ (John Charles Fields) の提唱によって1936年に作られた賞のことである[1][2][3]。

4年に一度開催される国際数学者会議 (ICM) において、顕著な業績を上げた40歳以下[注 1]の若手の数学者(2名以上4名以下)に授与される[1]。ICMで同時に授与される賞としては、ネヴァンリンナ賞、ガウス賞、チャーン賞などがある。
引用元:フィールズ賞 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA%E8%B3%9E

ロルフ・ネヴァンリンナ賞(Rolf Nevanlinna Prize)は、計算機科学における優れた数学的貢献をなした研究者に贈られる賞。4年に一度の国際数学者会議において授与され、フィールズ賞と同じく40歳以下の研究者にのみ受賞資格がある。
1981年、国際数学連合が設けた賞で、前年に死去したフィンランドの数学者ロルフ・ネヴァンリンナにちなんで名付けられた。受賞者には金メダルと報奨金が授与される。
引用元:ネヴァンリンナ賞 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%8A%E8%B3%9E

ガウス賞(Carl Friedrich Gauss Prize)は、社会の技術的発展と日常生活に対して優れた数学的貢献をなした研究者に贈られる賞。4年に1度の国際数学者会議(ICM)の開会式において授与される(同時に授賞式が行われるものとしてフィールズ賞とネヴァンリンナ賞がある)。
カール・フリードリヒ・ガウスの生誕225周年を記念し、2002年にドイツ数学会と国際数学連合が共同で設けた賞で、第1回授賞は2006年。その名はガウスが1801年に一旦は発見されながら見失われてしまった小惑星セレスの軌道を最小二乗法の改良により突き止め、再発見を成功させた故事に由来する。
引用元:ガウス賞 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%82%A6%E3%82%B9%E8%B3%9E

チャーン賞(Chern Medal)は、国際数学者会議(ICM)で数学者に授与される賞の一つ。生涯にわたる群を抜く業績を挙げた数学者におくられるものとされる[1]。チャーン賞は、陳省身を記念して創設され、2010年のインド、ハイデラバードの国際数学者会議で初めて施賞された。
引用元:チャーン賞 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%B3%E8%B3%9E