「不気味の谷」ロボット工学の経験則 人間に近すぎると嫌悪感


工学者・森政弘が提唱した
人型ロボットなどがリアルすぎる
と、人間がある時点から
嫌悪感を抱くようになる現象は?
奇怪の谷
不気味の谷(答)
恐怖の谷
悪魔の谷
49%

順番当て
コナン・ドイルが書いた次のシャーロック・ホームズの長編を書かれたのが早い順に選びなさい
『緋色の研究』
『四つの署名』
『パスカヴィル家の犬』
『恐怖の谷』

不気味の谷現象(ぶきみのたにげんしょう、英: uncanny valley)とは、ロボットや他の非人間的対象に対する人間の感情的反応に関する議論である。

>ロボット工学者の森政弘・東京工業大学名誉教授が1970年に提唱した。森は、人間のロボットに対する感情的反応について、ロボットがその外観や動作において、より人間らしく作られるようになるにつれ、より好感的、共感的になっていくが、ある時点で突然強い嫌悪感に変わると予想した。人間の外観や動作と見分けがつかなくなると再びより強い好感に転じ、人間と同じような親近感を覚えるようになると考えた。
外見と動作が「人間にきわめて近い」ロボットと「人間と全く同じ」ロボットは、見る者の感情的反応に差がでるだろうと予想できる。この二つの感情的反応の差をグラフ化した際に現れる強い嫌悪感を表す谷を「不気味の谷」と呼ぶ。人間とロボットが生産的に共同作業を行うためには、人間がロボットに対して親近感を持ちうることが不可欠だが、「人間に近い」ロボットは、人間にとってひどく「奇妙」に感じられ、親近感を持てないことから名付けられた。
引用元:不気味の谷現象 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E6%B0%97%E5%91%B3%E3%81%AE%E8%B0%B7%E7%8F%BE%E8%B1%A1

森 政弘(もり まさひろ、1927年(昭和2年)2月12日[1] – )は、日本の工学者、仏教徒。東京工業大学名誉教授、工学博士(東京大学)[6]。オートメーションやロボットの研究で先駆的な研究実績を持ち、創造性や仏教に関する著書や講演も多い。ロボットコンテストの創始者であり、「ロボコン博士」の異名も持つ。紫綬褒章、勲三等旭日中綬章を受勲。
東京大学生産技術研究所助教授、東京工業大学制御工学科教授、(株)自在研究所代表取締役、日本ロボット学会会長を歴任。早期にロボットハンドや人工心肺の自動制御、人工筋肉や群ロボットの研究開発に着手し、サイバネティックモーションや不気味の谷といった新概念も提唱した。自動製糖システムや自然力推進ボートなどの産学連携研究でも実績を残している。
引用元:森政弘 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E6%94%BF%E5%BC%98