熱帯魚の名前「クラウンアネモネフィッシュ」「エンドラーズライブベアラ」

152IJltnjPDiW
次の文字列を順に選んで
映画から人気になった
熱帯魚の名前にしなさい
クラウン
アネモネ
フィッシュ
「クラウンアネモネフィッシュ」CLOWN ANEMONEFISH

CIMG2423qGNqAWqIkGRr
次の文字列を順に選んで
最近人気を集めている
熱帯魚の名前にしなさい
エンド
ラーズ
ライブ
ベアラ
「エンドラーズ・ライブベアラ」Endler’s Livebearer

ディズニーの人気アニメのおかげで、クマノミ(英語でクラウンフィッシュまたはアネモネフィッシュと呼ばれる)は世界中の子供たちになじみの深い魚になった。しかし、ディズニーアニメの「ファインディング・ニモ」のヒーローはカクレクマノミという種がモチーフになっていて、クラウンアネモネフィッシュとは形と生息地に微妙な違いが見られることを最初に確認しておこう。
引用元: 動物 – クマノミ – ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト(ナショジオ).

ファインディング・ニモに登場するニモ[編集]
2003年の映画「ファインディング・ニモ」のヒットにより、飼育・鑑賞用に人気の高まったクマノミの「クラウン・アネモネフィッシュ(ペルクラ種/学名Amphiprion percula)」や、「カクレクマノミ(オセラリス種/学名Amphiprion ocellaris)」は、商業的に人工繁殖させた個体が安価に流通している。
前述のクラウン・アネモネフィッシュ(ペルクラ種)は、英語圏では一般に「オレンジ・クラウンフィッシュ(Orange clownfish)」と呼ばれ、生息海域に面するオーストラリアでは「イースタン・クラウン・アネモネフィッシュ(Eastern clown anemonefish)」とも。
>新江ノ島水族館、下関市立しものせき水族館海響館、日本魚類学会評議員で日本魚類学会標準和名検討委員会の委員長を務める瀬能 宏ら専門家の分析では、「ニモはカクレクマノミ(オセラリス種)では無く、クラウン・アネモネフィッシュ(ペルクラ種)である」としている[8][9][10]。
引用元: クマノミ亜科 – Wikipedia.

エンドラーズ・ライブベアラ(Endler’s Livebearer, 学名 Poecilia wingei)は、体長3cm – 6cm程の中南米に生息する卵胎生メダカの一種。1975年、John A. Endler教授がベネズエラの湖から持ち帰ったことにより広く知られるようになった。グッピーと同種として扱われる場合もあるが、2005年にグッピーと同属の別種として記載された。
引用元: エンドラーズ・ライブベアラ – Wikipedia.