おおのすすむ「大野乾」ゲノムDNAの倍加で大進化する仮説



遺伝子に関する「大野の仮設」
に名を残す生物学者です
大野乾
おおのすすむ(答)
27%

005cPHqSXA
ベストセラー『日本語練習帳』
でも知られる言語学者です
大野晋
おおのすすむ
引用元:「大野晋」おおのすすむ 『日本語練習帳』で知られる言語学者 http://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/21073/

大野 乾(おおの すすむ、1928年2月1日 – 2000年1月13日)は、日本の生物学者。「遺伝子重複説」や「X染色体上の遺伝子保存則(大野の法則)」の提唱で知られる。京畿道京城府(現大韓民国ソウル)生まれ。

>大野の論説の特色は、多くの実験結果に基づき、洞察に富んだ議論が展開されていることにある。こと進化に関しては、分子進化、染色体進化、そうして大きなスケールの大進化まで、それぞれの進化過程に対してばかりか、それらの間の関連について、提示される議論は、明快かつ説得力がある。1968年に木村資生によって中立進化説が提唱された後、木村資生・太田朋子(1974)によってまとめられた分子進化に関する5原則のうち2つに大野の遺伝子重複説の考えが取り入れられている(山岸 1977)。また、遺伝子重複説において、脊椎動物の祖先種は、魚類あるいは両生類の段階で少なくとも1回、4倍体進化を経たという仮説(2R仮説、2 round duplication hypothesis、全ゲノム重複説、大野の仮説)が提唱されたが、近年、このことが実証されつつある(Putnam et al. 2008)[1][2]。
引用元:大野乾 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%87%8E%E4%B9%BE

乾 [意味]
かわく。ほす。 血のつながりのない。義理の。 周易の八卦ハッカのはじめの卦。強い・天・君主・男性などのシンボルとなる。また、六十四卦の一つ。乾下乾上ケンカケンショウ。 高く明るくて強い天。また、転じて、強い、剛健なさま。十二支を配当した方位の一つ。西北。戌亥。
部首
乙(おつ,おつにょう) < 同じ部首を検索
画数
10 (その他の10画の漢字)
音読み
カン ケン ゲン
訓読み
いぬい かわかす かわく ひる
他の読み
いぬい かみ きみ すすむ たけし つとむ ふ

https://mnamae.jp/c/4e7e.html
引用元:乾(カン,ケン,ゲン,いぬい,かわかす,かわく,ひる,いぬい,かみ,きみ,すすむ,たけし,つとむ,ふ)の意味や読み,乾を含む%sの名前 (男の子/女の子件) | みんなの名前辞典

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説
大野乾 おおの-すすむ

1928-2000 昭和後期-平成時代の生物学者。
昭和3年2月1日朝鮮京城生まれ。昭和27年アメリカのシティー-オブ-ホープ-ベックマン医学研究所にはいり,41年生物学部長。性決定遺伝子で性別がきまる仕組みを解明し,性染色体や遺伝子重複による進化を研究する。平成12年1月14日ロサンゼルスで死去。71歳。東京農工大卒。著作に「生命の誕生と進化」など。
引用元:大野乾(おおの すすむ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E5%A4%A7%E9%87%8E%E4%B9%BE-1061139

すべての生命は共通の先祖細胞から進化してきました。5.4億年前のカンブリア紀に生物は爆発的進化を遂げ、その大進化の原動力となったDNAの変化について大野乾氏は1970年にドイツの出版社から出版した著書にて、大進化は小さな突然変異の集積ではなく、大規模なゲノムDNAの倍加(duplication)が原動力となったという「大野の仮説」を提示しました。その後の分子生物学の進歩により遺伝子解析が進むと、この仮説の正しさが証明されるようになり、この著書出版の40年余り後の2012年、米国の科学誌「Science」は、この著書の表紙を掲載し仮説の先見性を高く評価しました。
引用元:大野乾の世界│企画展・特別展│東京農工大学科学博物館 http://web.tuat.ac.jp/~museum/information/news/20140610-ex.html