「ガンマ線バースト」宇宙空間にγ線が放出される現象gamma-ray burst


欧州宇宙機構(ESA)の衛星
インテグラルや、NASAの
GLASTで調査されている
略称を「GRB」という現象は?
ガントスマバー線
ガンマ線バースト(答)
「gamma-ray burst」
39%

120AIBkMLzyRs
次の「線」と、その発見者の
正しい組み合わせを選びなさい
γ線───ヴィラール
紫外線───リッター
宇宙船───ヘス

赤外線───ハーシェル
α線,β線───ラザフォード
X線───レントゲン
引用元:線と発見者「γ線」ヴィラール「紫外線」リッター「宇宙線」ヘス「赤外線」ハーシェル「α線、β線」ラザフォード http://seethefun.net/%E7%90%86%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/9387/

ガンマ線バースト(ガンマせんバースト、英: gamma‐ray burst、GRB)は、天文学の分野で知られている中で最も光度の高い物理現象である。
ガンマ線バーストではガンマ線が数秒から数時間にわたって閃光のように放出され、そのあとX線の残光が数日間見られる。この現象は天球上のランダムな位置で起こり、一日に数回起きている。
ガンマ線バーストを起こす元となる仮想的な天体をガンマ線バースターと呼ぶ。2005年現在では、ガンマ線バーストは極超新星と関連しているという説が最も有力である。超大質量の恒星が一生を終える時に極超新星となって爆発し、これによってブラックホールが形成され、バーストが起こるとされる。しかし天体物理学界ではガンマ線バーストの詳細な発生機構についての合意は得られていない。
引用元:ガンマ線バースト – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%9E%E7%B7%9A%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88

天文学の分野で最も光度の高い物理現象といわれる「ガンマ線バースト(GRB)」が、一体どんな現象で人間にはどのような影響があるのかをザックリ分かりやすく解説してくれるムービー「Death From Space — Gamma-Ray Bursts Explained」がYouTube上で公開されています。
引用元:宇宙最大の爆発現象「ガンマ線バースト」が何なのかをムービーで解説 – GIGAZINE http://gigazine.net/news/20160802-gamma-ray-bursts/

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

γ線バースト
がんませんばーすと

宇宙空間にγ線が激しく大量に放射される天文現象。略号はGRB(gamma-ray burst)。1963年に核実験禁止条約を監視するために打ち上げられたベラという人工衛星が偶然発見した。10ミリ秒から1000秒まで続くγ線の放射が1日に数回観測され、X線や可視光による残光がある場合もある。1990年代より大気圏外のγ線観測衛星を使い、X線や可視光による残光を手掛りにγ線バーストに対応した発光天体までの距離を測ると、それが非常に遠方(数十億光年)にあることがわかった。また、距離がわかったことで、その全放射エネルギーも膨大なものであることがつきとめられた。それほど遠くにあるのにγ線で光り輝くことから、γ線バーストの正体は宇宙でもっとも明るい爆発と考えられる。γ線バーストは発光時間が2秒以下の「短いγ線バースト」と2秒以上の「長いγ線バースト」に大別される。長いγ線バースト(明るいγ線バースト)は高速回転している超巨大星が爆発し、ブラック・ホールになるときに発光するのではないかと考えられている。また短いγ線バースト(暗いγ線バースト)は中性子星の連星系の合体または中性子星とブラック・ホールの合体によりブラック・ホールになるときにγ線バーストを出すと推定されている。[編集部]
引用元:γ線バースト(ガンマせんバースト)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%CE%B3%E7%B7%9A%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88-157448

フェルミガンマ線宇宙望遠鏡 (フェルミ望遠鏡) は、ガンマ線観測用の天文衛星である。以前は Gamma-ray Large Area Space Telescope (GLAST) と呼ばれていた。ガンマ線検出器として大面積望遠鏡 (LAT) とガンマ線バーストモニター (GBM) の2つを搭載する。2008年6月11日 16:05 GMTにデルタII7920-H ロケットでNASAによって打ち上げられ、2008年8月から運用が開始された。アメリカ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、スウェーデンの政府機関、研究組織による共同研究である[1]。 2008年2月8日にNASAはGLASTに新名称をつける事を提案し[2]、2008年8月26日に Fermi Gamma-ray Space Telescope と改名した[3]。
フェルミ望遠鏡は、2013年8月11日に当初予定していた5年間の観測ミッションを終了し、2018年まで観測を続ける延長ミッションに移行した。この5年間で、1,200以上のガンマ線バースト、500回以上の太陽フレアを観測した [4]。
引用元:フェルミガンマ線宇宙望遠鏡 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%9F%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%9E%E7%B7%9A%E5%AE%87%E5%AE%99%E6%9C%9B%E9%81%A0%E9%8F%A1