コアラ「薄明薄暮性」


コアラが最も活動的になる時間は
真夜中である
×(答)
◯早朝から夕方
36%

コアラが最も活動的になる時間は
早朝と夕方である
◯(答)
×真夜中
70%

タイピング
コアラの母親が子供に食べさせる、肛門から出す「離乳食」を◯◯◯という?
パップ(答)
pap


オーストラリアに棲む
「コアラ」の名前には
先住民族アボリジニーの言葉で
何という意味がある?
「名前がわからない」
「まったく動かない」
「木の上に棲む」
「水を飲まない」(答)


カンガルーは
バックにもジャンプできる
×(答)

コアラ(子守熊、学名:Phascolarctos cinereus)は、有袋類双前歯目コアラ科コアラ属で現存する唯一の種。オーストラリア東部の森林地帯やユーカリの林などに生息している。

>名前[編集]
“koala”の名前はダルク語のgulaに由来するものである。元来、母音の/u/はアルファベットでooと綴られ、スペルはcoola、koolahと表記されたが、表記ミスによりoaと変わった[8] 。この言葉は、”doesn’t drink”(水を飲まない)を意味すると誤って言われている[8]。

>睡眠時間
一日のうち18-20時間を眠るか休んで過ごし、最も活動的になる時間は早朝および夕方で、薄明薄暮性である[5][7]。この生態はナマケモノに似るが、ナマケモノは体温が一定しない変温動物であるがコアラは36℃ほぼ一定の体温をもつ恒温動物であり、基礎代謝量もナマケモノの30倍近い[17] 。

>育児
母親は盲腸内でユーカリを半消化状態にすることで緑色のパップという離乳食を作る[7]。生後約22週を過ぎたあたりから、子供は育児嚢から顔を出し始め、母親の肛門からパップを直接食べる[7][15]。パップを食べる行動はその後約6-8週間続き、子供はパップによってユーカリの葉を消化するための微生物を得て、一生涯にわたり、母親と同じ数種の葉を食べるようになる[7][15]。
引用元:コアラ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%82%A2%E3%83%A9

ひたすら前進あるのみのカンガルー

カンガルーが車にぶつかる事故もあるため、「カンガルー注意」の道路標識も見かけます。なんとアカカンガルーは、最速で時速70kmものスピードが出るそうです!ただし、後ろに下がることはできません。そんなカンガルーの、ひたすら前進あるのみ!という特性に、若い国家の発展への願いを込めて、オーストラリアの国章にはカンガルーが採用されています。ちなみに国章に描かれたもう一つの動物は、コアラではなくエミュー。ダチョウに似た飛べない大型の鳥で、やはり前にしか進めません。エミューは、オーストラリアの国鳥に指定されています。
引用元:オーストラリア コアラとカンガルーの豆知識 http://www.jtb.co.jp/kaigai_guide/report/AU/2014/07/koala.html

9. カンガルーは後ろにジャンプできない
>前を向いて歩き、前のめりに死ぬ。カンガルー師匠の生き方に憧れます。
引用元:知ってた?知らなかった?動物の意外な12の秘密:らばQ http://labaq.com/archives/51290262.html