「フーディア」ガガイモ科の多肉植物 ナミブ砂漠の女王


その自生地から「ナミブ砂漠の
女王」と呼ばれる、サボテンに
似たガガイモ科の植物は
◯◯◯◯◯? ◯を答えなさい
フーディア(答)
Hoodia
47%

フーディア(Hoodia)はガガイモ科の多肉植物である。サボテンに似ているが、サボテンの種類ではない。1m程度に成長し、鮮やかな色と強い匂いを持った大きな花をつける。
多くのフーディアの種類はナミビアからアンゴラ南部にかけて分布するナミブ砂漠の特に平原と、岩場に分布する。「ブッシュマンの帽子」や、「ナミブ砂漠の女王」と称されることもある。
いくつかの種類は園芸植物として栽培されており、その中の一つフーディア・ゴルドニー(H. gordonii)はサン人が狩の際、食欲抑制に用いた歴史があり、ダイエット効果のあるとされる健康食品の原料となっている。これを元にした健康食品の一つに”Anatrim”と呼ばれる物がある。なお、この植物については2007年に未知のステロイド配糖体がラットの食欲を抑えることが発表された[1]。
引用元:フーディア – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2

Hoodia /ˈhʊdiːə/ is a genus of flowering plants in the family Apocynaceae, under the subfamily Asclepiadoideae, native to Southern Africa.[1] They are stem succulents, described as “cactiform” because of their remarkable similarity to the unrelated cactus family. They can reach up to 1 m high and have large flowers, often with a tan colour and strong smell. The group was first described as a genus in 1844.[2][3] The genus became internationally known and threatened by collectors, after a marketing campaign falsely claiming that it was an appetite suppressant for weight loss.[4][5]
引用元:Hoodia – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Hoodia