「デンドリマー」

323veskmbmqgxw
ギリシャ語「樹木」という言葉に
由来する木の枝のような形の分子
デンドリマー(答)
36%

cimg3973cfbwuhjtprbo
ギリシャ語「木」から
命名された高分子化合物
デンドリマー(答)

デンドリマー (dendrimer) は、中心から規則的に分枝した構造を持つ樹状高分子[2][3]。ギリシャ語で「木」を意味する デンドロン (δένδρον, dendron) から命名された。
デンドリマーは、コア (core) と呼ばれる中心分子と、デンドロン (dendron) と呼ばれる側鎖部分から構成される。また、デンドロン部分の分岐回数を世代 (generation) と言い表す。デンドリマーとデンドロンが同じ意味で使われる場合もある[4]。
アルボロール、カスケード分子とも呼ばれたが、今ではデンドリマーの語が国際的に受け入れられている。
引用元:デンドリマー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%9E%E3%83%BC