「メタンアイスワーム」

257lkfgyekkzmp
1997年にメキシコ湾で
メタンハイドレートを調査して
いる時に発見された深海生物は?
スムワンタイーアメ
メタンアイスワーム(答)
20%

今週の深海魚【メタンアイスワーム】メタンハイドレートの中に生きている生物だよ!氷の中で96時間以上も無酸素状態で生きていられるなんて、もはや地球上の生き物の概念を覆す勢いだね!
引用元:深海魚くんさんのツイート: “今週の深海魚【メタンアイスワーム】メタンハイドレートの中に生きている生物だよ!氷の中で96時間以上も無酸素状態で生きていられるなんて、もはや地球上の生き物の概念を覆す勢いだね! https://t.co/FdQow3CCEY” https://twitter.com/shinkaigyokun/status/747380128481583106

Hesiocaeca methanicola is a species of polychaete worm that inhabits methane clathrate deposits in the ocean floor. The worms colonize the methane ice and appear to survive by gleaning bacteria which in turn metabolize the clathrate.

In 1997, Charles Fisher, professor of biology at Pennsylvania State University, discovered the worm living on mounds of methane ice at a depth of half a mile (~800 m) on the ocean floor in the Gulf of Mexico.[1] Fisher reported that experiments with live specimens showed that mature worms could survive in an anoxic environment for up to 96 hours. The experiments also showed that the larvae were dispersed by currents, and died after 20 days if they did not find a place to feed.
引用元:Hesiocaeca methanicola – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Hesiocaeca_methanicola

メタンアイスワームはメキシコ湾水深550mで未来エネルギー候補と言われているメタンハイドレートを調査して居るときに発見された生き物である。
メタン氷山に穴を掘り、メタンをエネルギーにするバクテリアから栄養を摂取すると考えられている。学名:Hesiocaeca methanicola
引用元:世界仰天生物日記 : メタンをエネルギーにするバクテリアから栄養を摂取する「メタンアイスワーム」 http://gyo-ten.doorblog.jp/archives/329698.html