「グリーゼ581g」存在しない可能性が高い惑星

255mgsoqsvlskb
「これまでに発見された太陽系外
惑星で最も生物が存在している
可能性が高い」とされる、2010年
9月に発見された天体は?
5グリg8ゼ-1
グリーゼ581g(答)
27%

下記引用記事が正しいとするならば、存在しない惑星のようです。

グリーゼ581g(英:Gliese 581g)または、GJ 581gとは地球から見ててんびん座の方向に約20光年先にある赤色矮星グリーゼ581を公転している未確認の太陽系外惑星である[8]。グリーゼ581系では6番目の惑星である。その存在はリック・カーネギー太陽系外惑星サーベイによって2010年に報告された。しかし、ヨーロッパ南天天文台のHARPSでは惑星の存在を確認することはできなかった。
グリーゼ581gはグリーゼ581のハビタブルゾーンのほぼ中央を公転していることで注目されている。ハビタブルゾーンにあるため、表面は-31℃から-12℃という液体の水が存在できる温度になっており、生命が存在できる環境を保てていると考えられている。少なくとも地球の2.2倍の質量を持つスーパーアースとされている。グリーゼ581gはくじら座τ星eが発見されるまでは地球に最も近い、生命が存在できる惑星だとされてきた。また、地球を1とした時の、地球に対してどれだけ組成が似ているかを表したEarth Similarity Indexの値は翌年にグリーゼ667Ccが発見されるまでは最高の0.76であった。

>HARPSによる新たな観測[編集]
グリーゼ581gの発見の公表から2週間後、HARPSの6年半に及ぶ観測結果を解析した結果、fとgの存在を示す観測結果は確認できなかったとジュネーブ天文台のFrancesco Pepeらのチームが報告した[13][14][15][16]。

>そして、ロバートソンらのチームが磁場の揺らぎの影響のみで恒星の揺れのパターンを補正するとdとgの存在を示す恒星の揺れのパターンが完全に消滅することが明らかとなった[21]。そのため、現在ではグリーゼ581gが存在する可能性はかなり低いとされている。

引用元:グリーゼ581g – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BC581g

サイズも温度も地球そっくりで、生命存在の可能性が期待されていた太陽系外惑星グリーゼ581g。2010年の発見当時は大きな話題になった。しかし、今週発表された論文によると、その期待は的外れだったようだ。「グリーゼ581gは存在しない」と、研究責任者でペンシルベニア州ステートカレッジにあるペンシルバニア州立大学のポール・ロバートソン(Paul Robertson)氏は断言する。さらに、2009年に発表された同じ惑星系のグリーゼ581dは“異星人探し”の候補として有力だったが、実は生命存在にあまり適していないという。

◆黒点の可能性

 ロバートソン氏の主張する“真相”は次のとおりだ。グリーゼ581の表面で起きる磁場の揺らぎ(恒星黒点)によって恒星のスペクトルが変化し、その様子が惑星の重力が引き起こす揺らぎによく似ているのだという。

 グリーゼ581の自転周期は130日で、表面の黒点も同期して回る。問題の2つの惑星の公転周期はそれぞれ130日の2分の1と4分の1とされている。研究チームが黒点の影響でパターンを補正したところ、どちらの惑星も“消滅”してしまった。

>「すべて幻だったというのが結論だ」と、共同研究者でペンシルバニア州立大学のスブラス・マハデバン(Suvrath Mahadevan)氏は言う。「残念な結果だが、重要な教訓が得られた。恒星活動はデータに悪影響を及ぼす大きな要因になる。今後は無視できなくなるだろう」。

 ロバートソン氏も同意する。「明確になって良かった。より確実な証拠を基に惑星の存在を解明できるからね」。
引用元:グリーゼ581の系外惑星は幻だった | ナショナルジオグラフィック日本版サイト http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/9439/

くじら座τ星e(くじら座タウ星e、Tau Cetus e)とは、地球から見てくじら座の方向に約11.9光年離れた位置にある太陽と似た単独の恒星くじら座τ星を公転する太陽系外惑星である[6]。くじら座τ星系の中で、恒星から4番目に近いところを公転している[1][2][3][4][5]。生命がいる可能性のある惑星では地球に最も近い距離にある[3]。

>物理的性質[編集]
くじら座τ星eは最低質量が地球の4.3倍であるスーパー・アースである可能性があり、もし地球型惑星であるならば、厚い大気を持つ固体の表面を持つ惑星であり、ハビタブルゾーン内にあることから液体の水が存在し、生命の存在を考察することが出来る[1][2][3][4][5]。生命のいる可能性のある惑星の中で最も近かったのは、グリーゼ581dを持つグリーゼ581系[注釈 2]の20.3光年であったが、くじら座τ星eはこの記録を更新した。ただし、惑星のより詳しいデータ、例えば質量の上限や直径などは、発見方法であるドップラー分光法では分からない。また、くじら座τ星系でハビタブルゾーン内にある惑星はくじら座τ星eよりも外側を公転しているくじら座τ星fも入っていると主張する説もある[13]。なお、年齢は58億年と、太陽系の惑星よりやや古いと推定されており、生命が誕生するには十分な時間が経過していると考えられる。
引用元:くじら座タウ星e – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8F%E3%81%98%E3%82%89%E5%BA%A7%E3%82%BF%E3%82%A6%E6%98%9Fe