「科学と人間生活」

339uyamuyhirhp
2012年の学習指導要領改訂で
「理科総合」「理科基礎」に
代わって新設された
高校理科の科目は?
と生学間人活科
科学と人間生活(答)
26%

理科総合(りかそうごう)とは、2003年の高等学校学習指導要領の施行によって新たに設置された、教科「理科」の科目の一つである。
理科総合科目である「理科I」(昭和57年度入学生から適用)、「総合理科」(1994年入学生から適用)の系譜を引いており、同じく理科の総合科目である「理科基礎」を履修しない場合は、理科総合A又は理科総合Bのどちらか1科目を原則として履修することとなっているため、理科I以来の理科総合科目の全員必修が復活した。
2012年の学習指導要領改訂により、2012年入学生から同趣旨の科目として「科学と人間生活」が設けられたため、2011年入学生の高校卒業と同時に「理科基礎」とともに科目廃止される。
なお、「科学と人間生活」を履修する場合は、「物理基礎」「化学基礎」「生物基礎」「地学基礎」の4科目のうち1科目以上を併せて履修すればよいが、「科学と人間生活」を履修しない場合は、「○○基礎」の4科目のうち3科目以上を履修しなければならない。
引用元:理科総合 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%90%86%E7%A7%91%E7%B7%8F%E5%90%88