「片利共生」カクレウオとフジナマコ 「相利共生」ワニとワニドリ マメ科と根粒菌

190qyybyijsbrr

カクレウオとフジナマコ
グンタイアリとアリドリ
樹木と樹皮につく地衣類
一方のみが共生により利益を得る
片利共生(答)

016whrqhgsditt
マメ科植物と根粒細菌
ワニとワニドリ
ヤドカリとイソギンチャク
アリとアリマキ
内部寄生
片利共生
片害作用
相利共生(答)
73%

相利共生(Mutualism)とは、異なる生物種が同所的に生活することで、互いに利益を得ることができる共生関係のことである。ここでいう利益には、適応力や生存能力などが含まれる。同じ種内で双方が利益を得るような関係は、協力として知られる。相利共生を共生と同義とされることもあるがこれは誤りで、実際には共生というと片利共生や片害共生、寄生などが含まれる。

>相利共生は、生態学的に重要な関係である。たとえば、70%以上の陸上植物の根には菌根菌が共生しており、植物は無機化合物や微量元素を菌根菌から受け取る一方、菌根菌は植物から光合成産物を受け取っている。 さらに、ランなどに代表される花の形状は、送粉者の形態や行動に合わせ、より受粉率を上げるような形状に進化し、また送粉者もより蜜などを得やすい形態に進化することで、共進化が起こっていることが考えられる。しかし、相利共生による進化の促進効果は、他の種間関係(捕食-被食関係や寄生など)による進化の促進効果よりも小さいものと考えられる[1][2]。
引用元:相利共生 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B8%E5%88%A9%E5%85%B1%E7%94%9F

共生
きょうせい

異なる種類の生物が、生理的あるいは生態的に緊密な結び付きを保ちながらいっしょに生活している現象。共生は原則的には個体間の関係をさすが、社会や個体群など集団の間の関係を含める場合もあり、その適用範囲はあいまいである。2種類の生物が単に同じ生息場所にすんでいる場合や、第三の生物を介して間接的に影響しあっている場合は共生とはいわない。

地衣類は藻類と菌類とが緊密に相互依存してできた共同体で、普通、独立した分類群として扱われる。それぞれ単独では生息できない裸岩上や極寒地にまで分布する。藻類は光合成によって得た炭水化物を菌類に供給し、菌類からは水と無機物を得ている。シロアリの腸管にすむ鞭毛虫(べんもうちゅう)類は、シロアリが消化できない木材細片中のセルロースを分解して栄養源を供給し、一方、鞭毛虫類は食物と生活場所を得ている。この関係を消化共生という。サンゴのポリプの体内に共生する褐虫藻は、サンゴの排出物の除去と骨格の形成に重要な役割を果たしている。
 動物どうしの相利共生では、双方の間にしばしば信号系が発達している。アリが触角でアリマキを軽くたたくと、アリマキは糖分を含んだ分泌物を出す。テッポウエビが掘った巣穴に同居するハゼは入口で見張りをし、危険が近づくと尾部をふるわせてエビに知らせる。ウシツツキはイボイノシシの体表に埋まっているダニや寄生虫を取り除き、それを自分の餌(えさ)とする。また、サンゴ礁にすむホンソメワケベラやオトヒメエビは魚の体表やえらに付着する寄生虫や悪くなった皮膚を食べる。これらの関係を掃除共生という。
 片利共生では、寄生と同様、宿主と共生者の間に極端な体の大小があることが多い。クジラの皮膚やカメの甲に着生するフジツボ、ナマコの排出腔(はいしゅつこう)にすむカクレウオ、イソギンチャクの触手や口道に隠れるクマノミなどがその例である。
引用元:共生(きょうせい)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E5%85%B1%E7%94%9F-52745#E6.97.A5.E6.9C.AC.E5.A4.A7.E7.99.BE.E7.A7.91.E5.85.A8.E6.9B.B8.28.E3.83.8B.E3.83.83.E3.83.9D.E3.83.8B.E3.82.AB.29

古くから本種は、ナイルワニと共生関係にあり、ナイルワニの口の中で歯に着いた肉片をついばむとされており、アリストテレスの博物誌にもこの習性が紹介されている。このためワニドリまたはワニチドリとも呼ばれている。しかし、ワニの背中にのることはあるが、ワニの口の中の肉片や食物のかすを食べるという習性については正確な記録がないため、現在では単なる言い伝えに過ぎないとされていることが多い。
引用元:ナイルチドリ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%81%E3%83%89%E3%83%AA

寄生虫(きせいちゅう)とは、寄生生物のうち動物に分類されるものを指す。寄生動物とも。 植物における寄生生物は寄生植物と呼ばれる。
寄生の部位によって、体表面に寄生するものを外部寄生虫、体内に寄生するものを内部寄生虫という。寄生虫と言ったときは、おもに内部寄生虫のことを意味することが多いが、外部寄生虫のダニなどを含めることがある。カ・ブユなど一時的に付着するだけの吸血性昆虫は寄生とは言わないのが普通だが、寄生虫学では寄生虫に含めることがある。なお、社会寄生や労働寄生のものは語感的には含めないようである。
寄生虫に寄生される生物を宿主(または寄主)と呼ぶ。また、寄生バチや寄生バエのような寄主を食い尽くす生物を捕食寄生者と呼ぶ。
引用元:寄生虫 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%84%E7%94%9F%E8%99%AB

次に、異種個体群間の関係(種間関係)についてです。種間関係に関する用語は以下のようなものがあります。

生態的地位(ニッチ)(生物種が食物連鎖のうえでしめる栄養段階や自然界での生活場所を総合していうことば)

競争関係(生活スタイルが似ている(餌が同じ等)種族間で起こる関係。餌や住処をめぐって争いが起こる)

食物連鎖(食べる(捕食)、食べられる(被食)の関係が鎖のようにつながっていること)
すみ分けと食い分け(ニッチが似ている生物が住処をわけたり、餌にする生物の種類をかえて共存すること)

相利共生(両方とも利益を受ける共生関係)

片利共生(一方の種のみが利益を受け、他方には利害がない共生関係)

寄生(一方の生物が栄養と生活の場所を他方の生物に依存して生活する)

片害作用(一方の生物によって他方の生物が害を受ける種間関係)
引用元:高校生物!個体群と生物群集の学び方 | nanapi [ナナピ] https://nanapi.com/ja/65564