カワイルカ「ガンジス川」「インダス川」「アマゾン川」「揚子江」「ラプラタ川」

231jqmszkavhlq
次のうち、カワイルカが
生息している川を全て選びなさい
アマゾン川(答)
ライン川
ラプラタ川(答)
ガンジス川(答)
インダス川(答)
揚子江(答)

048xPBcYkfbEY
次の川を
全長が長い順に
選びなさい
(画像選択肢)
Aナイル川 6650km
Dアマゾン川 6400km
C黄河 5464km
Bオビ川 5410km
引用元:世界の川全長順「ナイル川」「アマゾン川」「黄河」「オビ川」 「世界三大河川」ナイル川・アマゾン川・ミシシッピ川 http://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/12343/

カワイルカ上科(河海豚上科、Platanistoidea)はクジラ目ハクジラ亜目の上科の1つ。単にカワイルカと言った場合、このカワイルカ上科に属する種を意味することが多いが、狭義ではカワイルカ科を指すこともある。
4科4属から成る。うち3科3属は淡水の河川に棲息する。ラプラタカワイルカ科のみは塩分を含む河口や海に棲息するが、このカワイルカ上科に分類される。
>日本語でカワイルカは、「河海豚」と書かれるが、中国語でカワイルカは、「河豚」と書かれる。日本語で「河豚」はフグを意味する。
引用元:カワイルカ上科 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%AB%E4%B8%8A%E7%A7%91

カワイルカ
かわいるか / 河海豚
river dolphin

哺乳(ほにゅう)綱クジラ目カワイルカ科に属するハクジラの総称。この科Platanistidaeの仲間は、アマゾンカワイルカ、ガンジスカワイルカ、ラプラタカワイルカ、ヨウスコウカワイルカなど4属4~6種があり、東南アジアと南アメリカの温帯、熱帯に分布する原始的なイルカである。
引用元:カワイルカ(かわいるか)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%AB%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%AB-1519880#E6.97.A5.E6.9C.AC.E5.A4.A7.E7.99.BE.E7.A7.91.E5.85.A8.E6.9B.B8.28.E3.83.8B.E3.83.83.E3.83.9D.E3.83.8B.E3.82.AB.29

アマゾンカワイルカ (Inia geoffrensis) は、哺乳綱クジラ目アマゾンカワイルカ科アマゾンカワイルカ属に分類されるイルカ。現生群は本種および2008年(平成20年)に本種の亜種から新種と確認されたボリビアカワイルカ (Inia boliviensis)[1]、2014年に新種として記載された (Inia araguaiaensis) の3種でアマゾンカワイルカ科アマゾンカワイルカ属を形成する。
南アメリカのアマゾン川水系(オリノコ川含む)に固有の種である。生息域はマイルカ科のコビトイルカとほぼ同じであるが、外観が全く異なるのでアマゾンカワイルカと混同するおそれはない。
引用元:アマゾンカワイルカ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%82%BE%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%AB

ラプラタカワイルカ(学名:Pontoporia blainvillei)は南アメリカ南東部の大西洋岸に棲息するイルカである。現生群では本種のみでラプラタカワイルカ科を形成する。
>ラプラタカワイルカの生息域はラプラタ川河口を含む、南アメリカの南東部の海岸である。北限は南回帰線(ブラジルのウバツバ(英語版)周辺)、南限はアルゼンチンのバルデス半島周辺である。
引用元:ラプラタカワイルカ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%AB

ヨウスコウカワイルカ(揚子江河海豚、Lipotes vexillifer)は淡水に生息するイルカで、長江(揚子江)の固有種である。ハクジラ亜目ヨウスコウカワイルカ科ヨウスコウカワイルカ属に分類され、本種のみでヨウスコウカワイルカ科ヨウスコウカワイルカ属を形成する。Baiji(白鱀)、Beiji、Pai-chi、Whitefin Dolphin(白ひれイルカ)、Whiteflag Dolphin(白旗イルカ)、Yangtze Dolphin、Yangtze River Dolphin などと呼ばれている。
>淡水に生息するイルカは世界に4種が知られており、ヨウスコウカワイルカはその中の1種である。他の3種は、南米のアマゾン川およびラプラタ川に生息するアマゾンカワイルカとラプラタカワイルカ、インド亜大陸のガンジス川やインダス川に生息するインドカワイルカである。

>1950年代の個体数はおよそ6,000頭だったと見られており、その後の50年間で急速に減少した[11]。1970年代には数百頭減少しただけだったが、1980年代には400頭まで減少し、本格的な調査をした1997年には13頭にまで減少していた。生息している個体数を見積もることは容易ではないが、2006年11月から12月にかけて行われた大規模な調査では1頭も確認することができず、現時点での生息数はきわめて僅かであると考えられる[2]。クジラ類の中では最も絶滅の危機に瀕している種である。
引用元:ヨウスコウカワイルカ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%82%A6%E3%82%AB%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%AB

ガンジスカワイルカ
がんじすかわいるか
Ganges dolphin
[学]Platanista gangetica

哺乳(ほにゅう)綱クジラ目カワイルカ科のハクジラ。ガンジス、ブラマプトラ、インダスの諸河川の平野部に生息する体長2.6メートル、淡褐色のカワイルカである。水晶体を欠く唯一の哺乳類で、目は光の方向と明るさを認識するにすぎない。魚類、エビ類を捕食する。インダス川の個体は数百頭にすぎず、形態の違いから別種インダスカワイルカP. minorとされることがある。[粕谷俊雄]
引用元:ガンジスカワイルカ(ガンジスカワイルカ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%AB-48846

インダスカワイルカ
Platanista minor; Indus River dolphin

クジラ目ハクジラ亜目ガンジスカワイルカ科ガンジスカワイルカ属。ガンジスカワイルカよりわずかに小さく,体長は雄約 2.2m以下,雌約 2.6m以下である。出生体長は 70~90cm。外見はガンジスカワイルカとまったく変らない。
引用元:インダスカワイルカ(インダスカワイルカ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%80%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%AB-175393