「パーセル」「パール」「ファインマン」ノーベル物理学賞順

064wcgzvdxbveo
次のアメリカの科学者を
ノーベル賞を受賞した順に
選びなさい
アルバート・マイケルソン 1907「干渉計の考案」
アーサー・コンプトン 1927「コンプトン効果」
エドワード・パーセル 1952「核磁気共鳴」
ジョン・バーディーン 1956「トランジスタ効果」1972「超伝導」
リチャード・ファインマン 1965「量子電磁力学」
マーチン・パール 1995「タウ粒子」
ジャック・キルビー 2000「集積回路」
39%

アルバート・エイブラハム・マイケルソン(Albert Abraham Michelson, 1852年12月19日 – 1931年5月9日)は、アメリカの物理学者。アメリカ海軍士官。光速度やエーテルについての研究を行った。1907年、光学に関する研究によってノーベル物理学賞を受賞した。これは科学部門における、アメリカ人初の受賞でもある。
引用元:アルバート・マイケルソン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%82%BD%E3%83%B3

アーサー・コンプトン(Arthur Holly Compton,1892年9月10日 – 1962年3月15日)は、アメリカの実験物理学者。1920年からセントルイス・ワシントン大学、1923年からはシカゴ大学で教職に就いた。兄のカール・テイラー・コンプトンも物理学者。
コンプトンは自由電子によって散乱されたX線の波長が長くなっていることを実験によって発見した(コンプトン効果)。これはX線の持つエネルギーが、散乱される前に比べて減少したことを意味している。つまり電磁波が持っていたエネルギーの一部が自由電子に移ったと解釈できる。コンプトン効果は光の粒子性を証明する実験の一つとされた。
引用元:アーサー・コンプトン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%88%E3%83%B3

エドワード・ミルズ・パーセル(Edward Mills Purcell, 1912年8月30日 – 1997年3月7日)は、アメリカ人の物理学者で、1946年に液体中、固体中での核磁気共鳴を単独で発見した功績により、1952年度のノーベル物理学賞を受賞した。核磁気共鳴は純物質や化合物の分子の構造を調べるのに広く用いられている。彼はまたLife at Low Reynolds Numberという有名な講演を行った生物学者としても知られている。
引用元:エドワード・ミルズ・パーセル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%89%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%AB

ジョン・バーディーン(John Bardeen, 1908年5月23日 – 1991年1月30日)はアメリカの物理学者。
2013年現在、ノーベル物理学賞を2度受賞した唯一の人物であり[注釈 1]、1956年にウィリアム・ショックレー、ウォルター・ブラッテンとトランジスタの発明によって、1972年にレオン・クーパー、ジョン・ロバート・シュリーファーと超伝導に関するいわゆるBCS理論で受賞している。
引用元:ジョン・バーディーン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B3

リチャード・フィリップス・ファインマン(Richard Phillips Feynman, 1918年5月11日 – 1988年2月15日)は、アメリカ合衆国出身の物理学者である。
>経路積分や、素粒子の反応を図示化したファインマン・ダイアグラムの発案でも知られる。1965年、量子電磁力学の発展に大きく寄与したことにより、ジュリアン・S・シュウィンガーや朝永振一郎とともにノーベル物理学賞を共同受賞した。
カリフォルニア工科大学時代の講義内容をもとにした物理学の教科書『ファインマン物理学』は、世界中で高い評価を受けた。また、『ご冗談でしょう、ファインマンさん』などユーモラスな逸話集も好評を博している。生涯を通し、抜群の人気を誇っていた。
引用元:リチャード・P・ファインマン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BBP%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%B3

マーティン パール
Martin Lewis Perl

国籍米国
専門物理学者
肩書スタンフォード大学線型加速器センター(SLAC)教授
生年月日1927/6/24
出生地ニューヨーク市
学歴ニューヨーク工科大学(化学工学)〔1948年〕卒;ユニオン大学;コロンビア大学(原子物理学)
学位物理学博士(コロンビア大学)〔1955年〕
経歴ゼネラル・エレクトリック社の電子管部門化学技術者を経て、1955〜63年ミシガン大学助教授・準教授、’63年よりスタンフォード大学線型加速器センター(SLAC)教授、’70年よりスタンフォード大学物理学教授兼任。’75〜78年線型粒子加速器の実験で、電荷を持つレプトンのうち重さが電子の約3500倍のタウという粒子を発見。この業績により、’95年ニュートリノを発見したF.ライネスとともにノーベル物理学賞を受賞。
受賞ノーベル物理学賞〔1995年〕 ウォルフ物理学賞〔1982年〕
引用元:マーティン パールとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3+%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%AB-1684949

ジャック・セイント・クレール・キルビー(Jack St. Clair Kilby, 1923年11月8日 – 2005年6月20日)は2000年のノーベル物理学賞を受賞したアメリカの電子技術者。1958年、テキサス・インスツルメンツ社勤務時代に集積回路(IC)を発明した。電卓やサーマルプリンターの発明者でもある。
引用元:ジャック・キルビー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%AB%E3%83%93%E3%83%BC