『種の起源』『ビーグル号航海』「進化論」ダーウィンの業績

144rpastrcnord
次のうち、イギリスの博物学者
チャールズ・ダーウィンが
行ったものを全て選びなさい
進化論を唱えた(答)
『種の起源』を著した(答)
『動物哲学』を著した ラマルク
ビーグル号で航海した(答)
コンチキ号で航海した トール・ヘイエルダール
67%

cimg70519xcllz5lmf7e
ダーウィンの進化論のきっかけ
ともいわれる小鳥・フィンチは
◯◯◯科の鳥の総称?
アタキ
スジロ
ヒトメ
アトリ(答)

cimg2311rjwilfjyvsht
ペンギンの種類を全て選びなさい
イロワケペンギン
マカロニペンギン(答)
ダーウィンペンギン

cimg8996tfrxpwhkftsc
次のうち
南極に生息するペンギンの
種類を全て選びなさい
ジェンツーペンギン(答)
アデリーペンギン(答)
ヒゲペンギン(答)
マゼランペンギン
フンボルトペンギン
コガタペンギン
キガシラペンギン

チャールズ・ロバート・ダーウィン(Charles Robert Darwin ([tʃɑrlz ‘dɑː.wɪn]), 1809年2月12日 – 1882年4月19日)は、イギリスの自然科学者。卓越した地質学者・生物学者で、種の形成理論を構築。
全ての生物種が共通の祖先から長い時間をかけて、彼が自然選択と呼んだプロセスを通して進化したことを明らかにした。進化の事実は存命中に科学界と一般大衆に受け入れられた一方で、自然選択の理論が進化の主要な原動力と見なされるようになったのは1930年代であり、自然選択説は現在でも進化生物学の基盤の一つである[1]。また彼の科学的な発見は修正を施されながら生物多様性に一貫した理論的説明を与え、現代生物学の基盤をなしている[2]。
進化論の提唱の功績から今日では生物学者と一般的に見なされる傾向にあるが、自身は存命中に地質学者を名乗っており、現代の学会でも地質学者であるという認識が確立している[3]。

>主な業績
種の起源
ビーグル号航海記
自然選択説
引用元:チャールズ・ダーウィン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3