ミドリイシ「石蚕」イシサンゴ目のサンゴ

142ftyuaiysfye
イシサンゴ目の、ある色の
名前が付いたサンゴです
石蚕
ミドリイシ(答)
42%

ミドリイシ
みどりいし / 石蚕・緑石

腔腸(こうちょう)動物門花虫綱六放サンゴ亜綱イシサンゴ目ミドリイシ科ミドリイシ属Acroporaの海産動物の総称、およびそのなかの1種。イシサンゴ類のなかではもっとも繁栄している属で、世界中の暖海に約150種が分布し、サンゴ礁を形成する造礁サンゴのなかでも、もっとも造礁性の高い仲間である。ムカシサンゴ亜目のなかで、隣接する莢(きょう)の間に発達する骨格であるペリテカをもち、それが多孔性であるミドリイシ科に属する。莢壁の内外に内莢と外莢を欠くことでアナサンゴ類Astreoporaと区別され、中軸個虫をもつことでコモンサンゴ類Montiporaから区別される。生時の色彩は多くは褐色であるが、緑色、緑褐色、青色、紫色などがある。群体の形状も変化に富み、樹枝状、卓状、板状、被覆状、塊状などがある。多くの種では群体上方に枝を出し、その先端に中軸個虫をもち、枝の側面には中軸個虫より小さな側生個虫が全面に密生する。各個虫の莢は骨格表面より円筒状に突出する。莢内には12枚の隔壁があり、そのうち6枚は大きい。主としてインド洋から西太平洋、および西インド諸島の暖海サンゴ礁に分布し、サンゴ礁を形成するイシサンゴ類の最大のグループであり、暖海においては1年間に数センチメートルの成長がみられる。日本では房総半島以南に分布する。この類のうち高い枝状となる種はシカツノサンゴと総称され、卓状となる種はテーブルサンゴと総称される。
引用元:ミドリイシ(ミドリイシ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%9F%E3%83%89%E3%83%AA%E3%82%A4%E3%82%B7-139039

Q: サンゴとは何ですか?

A: サンゴは樹木のように枝分かれしているものもあり、一見、植物に見えます。実際、昔は植物だと思われていたこともあります。しかし実は、サンゴは動物です。サンゴはイソギンチャクやクラゲの仲間で、刺胞動物(腔腸動物)に含まれます。サンゴ礁を作る造礁サンゴ(イシサンゴ)と宝石サンゴは、ともに刺胞動物で近縁ですが、違うグループに属しています。造礁サンゴは浅い海にすんで成長が早いのに対して、宝石サンゴは深い海でゆっくりと成長します。私たちサンゴ礁学会は、主に造礁サンゴと、造礁サンゴが基礎になって作る地形や生態系のことを研究しています。刺胞動物の中では、六放サンゴのイシサンゴが造礁サンゴの主要なものですが、ほかに八放サンゴのアオサンゴやヒドロ虫綱のアナサンゴモドキも浅い海に住む造礁サンゴの仲間です。
引用元:サンゴ礁Q&A http://www.jcrs.jp/wp/?page_id=622