「チョウセンアサガオ」ナス科の「一年草」 華岡青洲の麻酔薬

080vjtnutvabsy
ナス科の一年草
アルカロイドを含む有毒植物
華岡青洲が麻酔薬に用いる
別名「曼荼羅草」
ベラドンナ ナス科の「多年草」
チョウセンアサガオ(答)ナス科の「一年草」
トリカブト キンポウゲ科
マンドラゴラ ナス科の「多年草」
51%

076WcyXeONxRQ
ムラサキ科の多年草
アルカロイドを含む有毒植物
別名は「ヒレハリソウ」
根は下痢止めの薬に用いられる
チョウセンアサガオ
マンドラゴラ
トリカブト
コンフリー(答)


キンポウゲ科の多年草
アルカロイドを含む有毒植物
神経痛やリウマチの鎮痛薬に利用
主根は烏頭、側根は附子
トリカブト

連想
ナス科の多年草
アルカロイドを含む有毒植物
別名「セイヨウハシリドコロ」
イタリア語で「美しい淑女」
ベラドンナ

連想
ナス科の多年草
アルカロイドを含む有毒植物
別名は「恋なすび」
解熱・鎮痛薬として用いられた
マンドラゴラ
引用元:ナス科「ホオズキ」「ベラドンナ」「チョウセンアサガオ」 有毒植物「トリカブト」「スイセン」「フクジュソウ(キンポウゲ科)」 コンフリー「ヒレハリソウ」 マンドラゴラ「恋なすび」 ベラドンナ「セイヨウハシリドコロ」 「ポトス」オウゴンカズラ「ディスキディア」フクロカズラ http://seethefun.net/%e7%90%86%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/6398/

チョウセンアサガオ(朝鮮朝顔、学名:Datura metel)は、ナス科の植物。園芸用にはダチュラの名で広く流通しているほか、マンダラゲ(曼陀羅華)、キチガイナスビ(気違い茄子)の異名もある。原産地は南アジアであって、「チョウセン」は、後述の通り特定の地域を表すものではなく、朝鮮半島原産という意味は持たない。日本へは、江戸時代(1684年)に薬用植物としてもたらされ、現在は本州以南で帰化・野生化したものが見られる。日本に渡来したのはシロバナヨウシュチョウセンアサガオよりも前だが、国内の個体数は少ない傾向にある[1]。

>薬用植物[ソースを編集]
チョウセンアサガオの薬効は、古くから知られており、中国明代の医学書「本草綱目」にも、患部を切開する際、熱酒に混ぜて服用させれば苦痛を感じないとの記述がある。 ベラドンナやハシリドコロなどと同様にアトロピンを含んでおり、過去には鎮痙薬として使用された。世界初の全身麻酔手術に成功した江戸時代の医学者である華岡青洲は、本種を主成分としていた精製した麻酔薬「通仙散」を使用していた[1]。このことから日本麻酔科学会のシンボルマークに本種の花が採用されている。
引用元:チョウセンアサガオ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%A2%E3%82%B5%E3%82%AC%E3%82%AA

華岡青洲が世界で初めて全身麻酔下で行った外科手術は乳がんの手術でした。欧米ではすでに16世紀頃より乳がんを切除することは行われていましたが、麻酔がありませんので大きな切除ができず、患者さんの痛みもさることながら手術の結果は惨憺たるものでした。日本では乳房は女性の急所であり、これを取り去りされば命にかかわるとされ、乳房は手術適応外の臓器でした。しかし、青洲はドイツ人ハイステルの教科書で西欧では乳がんを摘出していることを知り、さらに牛の角で切り裂かれ乳房を失った女性がまったく元気に治ったことを経験したため、是非とも乳がんを手術で治したいと考えました。妹の於勝が乳がんで亡くなっていたことも、この病気の治療に対する強い思い入れとなっていたかもしません。青洲は長年にわたる実験の成果で通仙散(つうせんさん)が完成した時期に合わせて、全身麻酔による乳がん手術に踏み切ったのです。

患者さんは大和国五條(現奈良県五條市)の藍屋利兵衛の母で名前を勘といい、齢60歳。左の乳房に一年前からしこりがあり、1804年(文化元年)9月の初旬、青洲の診察を受けた時には左の乳房が全体に赤く腫れていました勘の姉も乳がんで亡くなっており、彼女はこのままほっておくと命のないことを知っており、勇気を持って乳がんの切除に同意しました。青洲は勘の勇気を「予の治術の攻撃を聞くに、皆恐怖して去る。此の婦人は然らず・・・」と記録しているほどです。そして、文化元年10月13日、青洲は世界で初めて全身麻酔下に手術を行い、見事に成功させたのです。手術の方法は青洲が考案したメスやハサミを用いて、がんの部分だけを乳房から摘出するというものでした。現在、乳房部分切除術と呼ばれる方法に相当します。手術後の経過も良く、勘は手術から二十数日ほどで故郷五條へ帰ることができました。この成功を受けて青洲の名は日本中に知れ渡ることとなり、全国から乳がん患者さんが集まってきました。紀州平山で青洲が手術した乳がん患者さんの名前は「乳巌姓名録」という記録に遺されていますが、その数は152名におよびます。
引用元:華岡青洲の乳がん手術|和歌山県立医科大学附属病院紀北分院 http://www.wakayama-med.ac.jp/med/bun-in/seishu/operation.html

乳がん切除のような大手術は、全身麻酔をしなければ患者は耐えられない。青洲は麻酔の研究を始めた。先人の用いた麻酔薬の処方を改良し、延べ十数人のボランティアの協力を得て有効性と安全性を確かめた。母親と妻が投与試験に参加したとも伝えられている。

そして、ついに一八〇四年(文化元年)十月、青洲は六十歳の患者に対する乳がんの手術に挑んだ。患者に脚気(かっけ)と喘息(ぜんそく)があったため、四〇日以上もかけてそれらの治療を行うなど、青洲は慎重に手術前の準備を進めた。チョウセンアサガオを主成分とした「麻沸散(まふつさん)」による麻酔はよく効き、乳房から癌だけを摘出する手術は見事に成功した。

その後、青洲のもとには麻酔や手術の方法を学ぶために、多くの若い医師たちが集まってきた。青洲は意欲ある医師を見定め、不断の努力を惜しまぬ「医の心」とともに麻酔法を伝授した。それは、日本の外科手術の発展につながった。

欧米で初めて全身麻酔が行われたのは、青洲の手術の成功から約四〇年を経てからのことであった。
引用元:医療の挑戦者たち(14)世界で初めて全身麻酔手術に成功したのは日本人医師だった。(華岡青洲) http://challengers.terumo.co.jp/challengers/14.html