外燃機関「ランキンサイクル」「スターリングサイクル」 内燃機関「オットーサイクル」「ディーゼルサイクル」「アトキンソンサイクル」「ブレイトンサイクル」

093PlaSurdqSQ
次の熱機関における
理論サイクルを
外燃機関か内燃機関かで
グループ分けしなさい

外燃機関内燃機関
ディーゼルサイクル
スターリングサイクル
アトキンソンサイクル
ブレイトンサイクル
ランキンサイクル
オットーサイクル

>熱機関の理論サイクル(ねつきかんのりろんサイクル)は、熱を仕事へ変換するときの、高温熱源から低温熱源へのエネルギーの流れを表したものである。
熱力学第二法則により、熱機関は熱エネルギーを全て仕事へ変換することは出来ない。また、高温熱源と低温熱源との温度差が大きいほど熱効率が良い。
>外燃機関の理論サイクル
>蒸気タービン
ランキンサイクル
>スターリングエンジン – 冷凍機としても使用される。
スターリングサイクル(カークサイクル)

>内燃機関の理論サイクル
>オットーサイクル – 火花点火エンジン
>ディーゼルサイクル – 低速ディーゼルエンジン
>アトキンソンサイクル
>ブレイトンサイクル – ガスタービンエンジン
引用元: 熱機関の理論サイクル – Wikipedia

燃料の燃焼が機関の内部で行われる熱機関の総称。これに対し,機関外で燃料を燃焼させる蒸気タービン,スターリングエンジンなどは外燃機関と呼ぶ。内燃機関は他の原動機に比べて小型軽量なので,車両,航空機,船など交通機関に使われることが多い。
引用元: 内燃機関 とは – コトバンク

スターリングエンジンについて スライドショーあり
ナガタ産業株式会社
http://www.nagatac.co.jp/animation/s-engine.htm