「ミュータント」ド・フリースが命名 「大待宵草」突然変異説

016poohXWRIhR
遺伝学における突然変異体の
ことを「ミュータント」と命名
した植物学者はド・フリース
である

順番当て
次を順に選んで、ド・フリースが突然変異実験に用いた植物の名称にしなさい。




「大待宵草」
オオマツヨイグサ

ユーゴー・マリー・ド・フリースまたはヒューゴー・マリー・デ・ヴリース(Hugo Marie de Vries, 1848年2月16日 – 1935年5月21日)は、オランダの植物学者・遺伝学者。なお、ドフリスと呼称している日本の理科の教科書もある[1]。オオマツヨイグサの栽培実験によって、1900年にカール・コレンスやエーリッヒ・チェルマックらと独立にメンデルの法則を再発見した。さらにその後も研究を続け、1901年には突然変異を発見した。この成果に基づいて、進化は突然変異によって起こるという「突然変異説」を提唱した。
>これを突然変異と名づけた。そして進化はこのような突然変異による新種に自然選択が働いて起こると考え、結果を1901年から『突然変異論』(The Mutation Theory) として出版した。
引用元: ユーゴー・ド・フリース – Wikipedia.

遺伝学における突然変異体のことで,オランダの植物学者ド・フリースの《突然変異説Die Mutantionstheorie》(1901‐03)に初めて使われた用語。とくにSFでは根本的な変異をもった生物の意味に使われ,人間のミュータントがしばしば題材となり,この新人類に対して旧人類が不安や恐怖を抱くといった設定が多い。ミュータントを発生理由で分けると,(1)自然発生して群として定着しているもの,(2)核戦争によって大きく生態系を変化させたもの,(3)遺伝子工学的に変化させられたもの,に分類される。
引用元: ミュータント とは – コトバンク.