短日植物「アサガオ」中性植物「タンポポ」長日植物「アブラナ」

045rxloltlblgb
次の日照時間への反応による
植物の分類と
それに含まれる植物の
正しい組み合わせを選びなさい
短日植物───アサガオ
中性植物───タンポポ
長日植物───アブラナ
49%

長日植物、短日植物、中日植物の分け方がいまいちわかりません…。あと、それぞれの代表植物の覚え方あれば教えてください。
>*長日性植物:日照時間が長くなると開花
・アスター
・アヤメ(菖蒲)
・エンドウマメ
・オオムギ(大麦)
・カーネーション
>『いずれも、冬至(12月20日頃)を過ぎてから、
夏に向かって花が咲く植物たちです。』

*短日性植物:日照時間が短くなると開花
・アサガオ(朝顔)
・イネ(稲)
・カランコエ
・キク(菊)
・コスモス(秋桜)
>『いずれも、夏至(6月20日頃)を過ぎてから、
冬に向かって花が咲く植物たちです。』

*中日性植物:日照時間に関係なく開花
・エンドウマメ
・キュウリ(胡瓜)
・シクラメン
・セイヨウタンポポ(西洋蒲公英)
>『春に咲いて、また秋に咲くような植物たちですね。』
引用元:長日植物、短日植物、中日植物の分け方がいまいちわかりません…。あと、そ… – Yahoo!知恵袋 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11118412196

光周性による分類[編集]
光周性にもいくつかの種類があるため、これを用いて生物を分類することがある。
長日植物[編集]
一日の日長が一定時間(限界日長)より長くならないと反応が起きないことを長日性といい、花芽の形成が長日性である植物のこと。(正しくは、長日植物とは、連続した暗期が一定時間(限界暗期)より短くなると花芽が形成される植物のことである。) 例としてアブラナ、ホウレンソウ、コムギなどが挙げられる。
短日植物[編集]
一日の日長が一定時間(限界日長)より短くならないと反応が起きないことを短日性といい、花芽の形成が短日性である植物のこと。(正しくは、短日植物とは、連続した暗期が一定時間(限界暗期)より長くなると花芽が形成される植物のことである。) 例としてアサガオ、キク、オナモミ、コスモスなどが挙げられる。
中性植物[編集]
一日の日長(暗期)と反応が無関係であることを中性といい、花芽の形成が中性である植物を中性植物という。例としてトウモロコシ、キュウリ、トマト、エンドウなどが挙げられる。
引用元:光周性 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%89%E5%91%A8%E6%80%A7