「バラモンジン」婆羅門參 オイスタープラント

013spZJroF
次の文字列を順に選んで
その味わいから「オイスター
プラント」とも呼ばれる
キク科の植物の名前にしなさい
バラ
モン
ジン
「バラモンジン」婆羅門參
46%

バラモンジン(学名:Tragopogon porrifolius)はキク科バラモンジン属に属する植物。別名は、ムギナデシコ[2]。英語ではパープルサルシファイ、オイスタープラント、イェルサレムスター、ゴーツベアード、また単にサルシファイとも呼ばれる。地中海沿岸地域を原産地とし、その後ブリテン諸島、北米、日本、オーストラリア、ハワイなどに帰化している。
>和名はバラモンジンの他にセイヨウゴボウ、ムギナデシコともいう[3]。「バラモン」はインドの司祭を意味し、サンスクリット語のブラーフマナ (ब्राह्मण)を音写したもの。「ジン」は漢語の參で、根を薬用にするオタネニンジン(朝鮮人蔘)に由来する[4]。
バラモンジン(婆羅門參)の中国での初出は李時珍の『本草綱目』(1578年)にみられ、西域のバラモン(司祭、僧侶)がこれを玄宗に献じたためこの名がついたとある[4]。
>現在は、フランス、ドイツ、イタリア、ロシアで根の栽培が行われているが、近年は同様に根菜用としてはスコルツォネラヒスパニカの方が人気がある。味が牡蠣の風味があるということからオイスタープラントとも呼ばれる。幼根はサラダ、主根はスープやシチューの具として調理される。また根からラテックスが抽出され、チューインガムの原料にもなる。若芽はアスパラガスと同様に調理される。発芽した種子もサラダやサンドウィッチに利用される。
引用元:バラモンジン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%A9%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3

バラモンジン(婆羅門参)
バラモンジン
Tragopogon porrifolius; salsify; oyster plant

キク科の多年草で,セイヨウゴボウともいう。地中海地方原産で,フランスなど南ヨーロッパで野菜として栽培されるほか各地で野生状態にもなっている。全体はゴボウに似て太い主根が地中に伸び,白色で軟らかく,乳液を出す。
引用元:バラモンジン(婆羅門参)(バラモンジン)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%90%E3%83%A9%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3(%E5%A9%86%E7%BE%85%E9%96%80%E5%8F%82)-116766