クサリヘビ科(マムシ・ハブ系)「ニホンマムシ」「ガラガラヘビ」「ヒャッポダ」ナミヘビ科「アオダイショウ」「ヤマカガシ」

032RIIsXDi
次のうち、クサリヘビ科の
ヘビを1つ選びなさい
51%
ニホンマムシ(答)
ガラガラヘビ(答)
アナコンダ 「ボア科」
ヒャッポダ(答)
ブラックマンバ 「コブラ科」
ヤマカガシ 「ナミヘビ科」
タイガースネーク 「コブラ科」
エラブウミヘビ 「コブラ科」

CIMG5624
次のうち、ナミヘビ科の
ヘビを1つ選びなさい
ヒャッポダ 「クサリヘビ科」
サイドワインダー 「クサリヘビ科」
アナコンダ 「ボア科」
ヒメハブ 「クサリヘビ科」
アオダイショウ(答)
ヤマカガシ(答)

クサリヘビ科(クサリヘビか、Viperidae)は、爬虫綱有鱗目に属する科。模式属はクサリヘビ属。特定動物。
>日本に分布する種[編集]
ニホンマムシ
ツシママムシ
ヒメハブ
サキシマハブ
ハブ(ホンハブ、オキナワハブ、リュウキュウハブとも)
トカラハブ
タイワンハブ(外来種)
>最大種は最大全長350cmのブッシュマスターで、最小種は20cmほどのドワーフアダー。またヒガシダイヤガラガラヘビが最も重い毒蛇の記録を持っている。体型が太く、模様が網目模様の種が多いため、一見鎖のように見える。クサリヘビはこの斑紋に由来する。
>全世界に生息する800-900種程の毒蛇のうち、約1/4を占める。大きく分類すると、マムシ亜科とクサリヘビ亜科に分けられる。マムシ亜科は眼と鼻の間に1対の赤外線感知器官(ピット器官)を持つ。
引用元:クサリヘビ科 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%AA%E3%83%98%E3%83%93%E7%A7%91

ナミヘビ科(ナミヘビか、Colubridae)はヘビの科の一つ。
>毒[編集]
毒蛇というと別科のコブラ科やクサリヘビ科が有名だが、本科にも有毒種がいる。多くの有毒種は人体に深刻な被害をもたらすほどの強毒は持たないとされるが、ブームスラングやヤマカガシ等では噛まれた人の死亡例もある。別科の毒蛇と違い本科の有毒種の毒牙は奥歯にあるため後牙類とも呼ばれる。
引用元:ナミヘビ科 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%9F%E3%83%98%E3%83%93%E7%A7%91