ナマケグマ「懶熊」ナマケモノ「樹懶」

213LIrvxiJ
木にぶら下がるのが得意な
クマの仲間です
懶熊
ナマケグマ(答)
28%

ナマケモノの誤答が多かったです。

hubAtSg
引用元:Sloth bear – Wikipedia, the free encyclopedia https://en.wikipedia.org/wiki/Sloth_bear


フタユビとミユビに大別される哺乳類です
樹懶
ナマケモノ(答)

なまけ‐ぐま【×懶熊】

クマ科の哺乳類。体長140~180センチ。体は黒い長毛で覆われ、前肢の爪が長い。果物や蜂蜜(はちみつ)を好み、インド・スリランカの森林地帯に分布。蜜熊。
引用元:懶熊(ナマケグマ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E6%87%B6%E7%86%8A-589570

ナマケグマ(Melursus ursinus)は、哺乳綱ネコ目(食肉目)クマ科ナマケグマ属に分類されるクマ。本種のみでナマケグマ属を構成する。
>草原、有刺植物からなる低木林、湿度の高い常緑樹林などに生息する[3]。夜行性[2][3]。湾曲した爪を使い木にぶら下がることも可能で[1][2]、その姿がナマケモノを連想させることが名前の由来[3]。
引用元:ナマケグマ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%9E%E3%82%B1%E3%82%B0%E3%83%9E

ナマケモノ(樹懶)は、哺乳綱異節上目有毛目ナマケモノ亜目 (Folivora) の総称。ミユビナマケモノ科とフタユビナマケモノ科が現生し、他にいくつかの絶滅科がある。
そのゆっくりとした動作から「怠け者」という呼び名がついた。英語名の Sloth も同じく、怠惰やものぐさを意味する。体長は約41-74センチメートル。四肢は長く、前肢のほうが後肢より長く発達している。長い鉤爪を持ち、これを木の枝に引っ掛けてぶら下がっている。
引用元:ナマケモノ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%9E%E3%82%B1%E3%83%A2%E3%83%8E