「森林限界」高木が森林として生育できない限界高度

198CdVNNTA
本州では標高約2500mである
それ以上は高木が生育できなく
なる高度を「◯◯限界」という?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
しんりん(答)
「森林限界」
53%

森林限界(しんりんげんかい、forest limit、forest line、tree line)とは、高木が生育できなくなる限界高度のことを指す。亜高山帯から高山帯に変わる地点でもある。 日本の森林限界より手前(亜高山帯)における植生は、主にモミ属・トウヒ属・コメツガなどの常緑針葉樹林だが、森林限界の境界線付近では落葉広葉樹のダケカンバの比率が高くなる場合が多い。森林限界より奥(高山帯)では、ハイマツなどの小低木が多い。高木の先端部がそれ以上伸びることができなくなる高度を高木限界と呼ぶ。
>日本においては主に夏の温度・積算温度に従うようである。北海道の利尻島では標高約500m、北海道の大雪山や日高山脈で約1000〜1500m、東北地方で約1600m、日本アルプス中央部や富士山では約2500mほどである。ただし、北斜面か南斜面か、積雪量に加えて雪崩の起きやすさ、土壌の性質や安定性などの条件により、同じ山域でも場所によって森林限界の高さは大きく異なる場合がある。北半球の中緯度以北では暖かさの指数15と森林限界がほぼ一致するとされる。また、ケッペンは「森林限界は月平均気温の最高が10℃の等温線と一致する」と主張したが、これは特に南半球ではズレが大きくなり、適用できないとの指摘がある。
引用元:森林限界 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E6%9E%97%E9%99%90%E7%95%8C

しんりんげんかい【森林限界 forest limit】

低温,乾燥,過湿のように環境条件が樹木の生育に不適な方向で地域的に変化し,高木が森林として一様に生育できなくなる限界線。限界線は相観により判断されるが,環境が急激に変化するところでは明確であるのに対し,環境変化がゆるやかだと移行は連続的である。環境傾度にそって,森林限界から高木限界,低木限界へと移り変わる移行帯がみられることが多い。 森林限界は,高緯度地方では亜寒帯(針葉樹林帯)と寒帯(ツンドラ帯)の境に生じ,北半球では北緯60゜~70゜付近になるが,大陸西岸では海洋性気候のため北上する。
引用元:森林限界(しんりんげんかい)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E6%A3%AE%E6%9E%97%E9%99%90%E7%95%8C-82753