「ギンツブルグ」超電導ギンツブルグ-ランダウ理論に名を残す物理学者

141YpCuIRQ
レフ・ランダウと共に超電導の
基礎理論に名を残します
ギンツブルグ(答)
「ヴィタリー・ギンツブルク」
Vitaly Lazarevich Ginzburg
38%

CIMG5535rYgnCOqTWjBl
ロシアの物理学者の何にちなむ
プラズマの振動における
減衰減少は「○○○○減衰」?
ララダフ
サハラム
ハンソス
ランダウ(答)
「ランダウ減衰」

057WxCiTQPTcX
次のうち、プラズマの例として
当てはまるものを全て選びなさい
オーロラ(答)
蛍光灯(答)
炎(答)
雷(答)

シリコン

ヴィタリー・ラザレヴィチ・ギンツブルク(Vitaly Lazarevich Ginzburg (Виталий Лазаревич Гинзбург) 、1916年10月4日 – 2009年11月8日)は、ロシアの物理学者。モスクワ生まれ。1938年にモスクワ大学を卒業。1940年からP.N.Lebedev Physical Institute of the Russian Academy of Sciences(英語版)に所属。
超伝導現象の基礎理論としてのGL理論(ギンツブルグ-ランダウ理論)(1950)を始めとして、プラズマ中の電磁波伝播、宇宙線の起源の研究などで知られる。
引用元:ヴィタリー・ギンツブルク – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AE%E3%83%B3%E3%83%84%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%AF

ギンツブルグ-ランダウ理論は、1950年にロシアで発表された超伝導を説明する現象論で、ランダウの相転移の理論と平均場理論を基にしている。Ψで表される秩序(オーダー)パラメータと呼ばれる超伝導の秩序の程度を表すパラメータを用いたのが特徴で、ベクトルポテンシャルAによるギンツブルグ-ランダウ方程式で表される。  この理論では、系のヘルムホルツの自由エネルギーについて、変分法によってその平衡状態を求めたとき、或る温度以下では電子対凝縮が起きた状態の方がエネルギーが低いことが示された。すなわち個々の電子として存在するよりも、もうひとつの電子と対を成す方がより安定である事を示した。この電子対は7年後に提唱されたBCS理論におけるクーパー対に相当する。またこの方程式から得られるパラメーターの比から第一種・第二種超伝導体の区別を与える。 この理論によって、それまでの現象論であるロンドン理論の不足が補われた。ギンツブルグは本業績により2003年ノーベル物理学賞を受賞。ミクロ理論は、J.バーディーンらによるBCS理論(1957)。
引用元:ギンツブルグ-ランダウ理論 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AE%E3%83%B3%E3%83%84%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%B0-%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%80%E3%82%A6%E7%90%86%E8%AB%96

Ginzburg-Landau(GL)理論(ぎんつぶるぐらんだうりろん)
ランダウの2次相転移の一般論に基づいた超伝導転移に関する現象論。 超伝導電子の波動関数に対応する複素秩序変数(秩序パラメータ)を用いて 自由エネルギー(ギンツブルグランダウ汎関数)を表し、それが最小になるように 状態をきめると、転移温度以上では常伝導が、転移温度以下では超伝導が エネルギー的に最小になり、超伝導転移が記述できる。そのとき波動関数は 一組のギンツブルグランダウ方程式に従う。その第1式は低温で磁場中の荷電粒子の シュレジンガー方程式に形式的に一致し、第2式は超伝導電流を表す。
引用元:Grossery http://www.nuap.nagoya-u.ac.jp/~kurodalab/ito/gro.html

wbkHyqD
Master’s Thesis Presentation 2013/02/19
Yuhei Iwata, Director, Smart Navigation Division at NTT Resonant
引用元:Master’s Thesis Presentation 2013/02/19 http://www.slideshare.net/YuheyIwata/20130219-16628798