「斧足」ふそく バカガイに代表される二枚貝類の足

049RoYmKcGzyP
外敵から逃げる時に使われる
筋肉が発達したバカガイの足
斧足
ふそく

斧足類 【ふそくるい】
最近では二枚貝類ということが多い(巻貝は腹足類)。多くは左右相称で,外套(がいとう)膜から分泌された2枚の殻で包まれる。左右の殻は靭帯(じんたい)で結ばれ,【こう】歯(こうし)と呼ばれるかみ合せの歯がある。
斧足類 【ふそくるい】
引用元: 斧足類 とは – コトバンク.

二枚貝(にまいがい、Bivalvia)は、軟体動物の一群である。分類階級としては二枚貝綱(にまいがいこう)。斧足類・斧足綱(ふそくるい/ふそくこう、Pelecypoda)、弁鰓類・弁鰓綱(べんさいるい/べんさいこう、Lamellibranchiata、Lamellibranchia)とも。
体の左右に1対2枚の貝殻をもつ。敵が来ると軟体部分を殻にひっこめ、閉殻筋(貝柱)で殻を閉じて身を守る。
引用元: 二枚貝 – Wikipedia.

バカガイ(破家蛤、馬珂蛤。バカ貝、馬鹿貝とも記す。学名:Mactra chinensis)は、異歯亜綱- バカガイ上科- バカガイ科- バカガイ属 (学名:Mactra) に分類される二枚貝の一種(1種)。東南アジアから東アジア南部にかけての浅海に分布する。
日本では、アサリやハマグリなどと並んで食用としてなじみ深い貝であり、日本語では、「食用加工品となった状態の軟体部位全体」を指して、『青柳(あおやぎ、アオヤギ)』とも呼ぶ(生物の名前ではない)。季語、三春。
>日本語名[編集]
和名の「バカガイ」の名の由来については諸説ある。
外見はハマグリに似ているものの、貝殻が薄く壊れやすいことから「破家貝」として名付けられたとする説[1]
いつも貝の口をあけてオレンジ色をした斧足(ふそく、筋肉による足)を出している姿が、あたかも口を開けて舌を出している「馬鹿」な者のように見えたとする説[1]
一度に大量に漁獲されることがあるので、「『バカ』に(「非常に、凄く」の意)多く獲れる貝」の意でその名が付いたとの説
意。
引用元: バカガイ – Wikipedia.