気象警報「暴風」「暴風雪」「大雨」「大雪」 気象注意報「大雨」「大雪」「なだれ」「乾燥」

次の気象庁が予報する
気象の種類を
あてはまるものごとに
グループ分けしなさい
【気象警報】暴風
【気象注意報】なだれ、融雪
72%

013YXSQuoT
次のうち
気象庁が発表する
警報にあるものを
全て選びなさい
低温
暴風(答)
高潮(答)
大雨(答)
洪水(答)
大雪(答)
雪崩
山火事
大嵐
竜巻
62%

警報と注意報で同じ文言のものは、「大雨」「大雪」「高潮」「波浪」「洪水」のようです。

CIMG6778

気象警報気象注意報
暴風
着氷
なだれ
暴風雪
乾燥
低温
濃霧


次のうち日本の気象庁が発表する「気象注意報」にあるものを全て選びなさい
大雨(答)
大雪(答)
低温(答)
乾燥(答)
小雨
みぞれ
台風

警報
重大な災害の起こるおそれのある旨を警告して行う予報。
気象、地面現象、高潮、波浪、浸水、洪水の警報がある。気象警報には暴風、暴風雪、大雨、大雪の警報がある。
備考 地方気象台などが、府県予報区の二次細分区域に限定して、定められた基準をもとに発表する。
地面現象警報は大雨警報に、浸水警報は大雨特別警報又は大雨警報に含めて発表する。

注意報
災害が起るおそれがある場合にその旨を注意して行う予報。
気象、地面現象、高潮、波浪、浸水、洪水の注意報がある。気象注意報には風雪、強風、大雨、大雪、雷、乾燥、濃霧、霜、なだれ、低温、着雪、着氷、融雪の注意報がある。
備考 地方気象台などが、府県予報区の二次細分区域に限定して、定められた基準をもとに発表する。
地面現象注意報は、その原因となる現象によって、大雨注意報、なだれ注意報又は融雪注意報に、浸水注意報は、その原因となる現象によって大雨注意報又は融雪注意報に含めて発表する。
引用元:気象庁|予報用語 特別警報、警報、注意報、気象情報 http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/yougo_hp/keihou.html

気象警報(きしょうけいほう)とは、気象災害、水害、地盤災害、地震、噴火などの重大な災害が起こるおそれがある場合に、気象庁が警告のために発表[1]する情報。単に警報とも言う。災害の危険性が著しく大きいときには、警報より更に上位の特別警報が発表される。類似のものとして注意喚起のために発表される注意報があり、警報は注意報の上位に位置づけられるが、注意報はあっても警報は存在しない災害もある[2][3]。
日本における国の気象業務としては、毎日の天気予報の開始(1884年(明治17年)6月1日)よりも1年ほど早い1883年(明治16年)5月26日に初めて全国暴風警報が発表されて以来、太平洋戦争の開戦直前から敗戦直後までの約4年間を除き、国の責務として実施されている。
>同法第13条は「気象庁は、政令の定めるところにより、気象、地象(地震にあっては、地震動に限る…略…)、津波、高潮、波浪及び洪水についての一般の利用に適合する予報及び警報をしなければならない」と定めている[3]。この「一般の利用に適合する警報」の区分として気象業務法施行令第4条は(狭義の)気象、地震動、火山現象、地面現象、津波、高潮、波浪、浸水、洪水の9種類の「警報」を定め[4]、更に気象警報の細分として気象庁予報警報規定第11条は暴風、暴風雪、大雨、大雪の4種類を定めている[5]。
引用元:気象警報 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%97%E8%B1%A1%E8%AD%A6%E5%A0%B1

気象注意報(きしょうちゅういほう)とは、気象災害、水害、地盤災害、地震、噴火などの自然災害が起こるおそれがある場合に、気象庁が注意喚起のために発表する予報である。単に注意報とも言う。注意報対象の災害のうちいくつかは、より重大な災害が起こる恐れがある場合、気象警報(警報)が発表される[1]。
>この「一般の利用に適合する予報」の区分として気象業務法施行令第4条は(狭義の)気象、地震動、火山現象、地面現象、津波、高潮、波浪、浸水、洪水の9種類の「注意報」を定め[3]、更に気象注意報の細分として気象庁予報警報規定第11条は風雪、強風、大雨、大雪の4種類のほか「雷、霜等の現象名を冠した注意報とする」と定めている[4]。「警報」が気象業務法で定められているのに対して、「注意報」は気象業務法施行令で定められており、同法では直接言及されず「予報」に含まれている[2][3]。
引用元:注意報 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%A8%E6%84%8F%E5%A0%B1