「ヒオリテス」古生代の海生生物

240RvSWuWa
古生代に生息していた
軟体動物のような円錐型の生物
ヒオリテス(答)
15%

ヒオリテス(Hyolitha)は円錐形の外骨格を持つ古生代の生物。軟体動物門ヒオリテス綱とされることもあり、ヒオリテス門として扱われることもある。
>カルシウム質でできた殻には1枚の蓋 (operculum) と、ヘレンズ(helens)と呼ばれる2本のヒゲ状のものが付いている。ほとんどの化石は体長1~4センチメートルであり、楕円または三角の断面形状として観察される。環状あるいは螺旋状の場合もある。
引用元:ヒオリテス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%B9

全長は1〜4cm。殻は円錐形がほとんどだが環形や螺旋形のものもいた。殻の出口には蓋と、ヘレンズと呼ばれる2本のヒゲのようなものがある。腸は螺旋形である。ヒオリテス類は既存のどの生物とも似ていないため独自の動物門として扱われる事が多いが、軟体動物門に含めようという研究者もいる。カンブリア紀を初めとする古生代全域で栄えていたが、全生物の95%が絶滅したペルム紀末の史上最大の大量絶滅によりその姿を消した。
jxMMVRE
引用元:ヒオリテスとは (ヒオリテスとは) [単語記事] – ニコニコ大百科 http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%92%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%B9